ラ・メゾン・デュ・ショコラ」タグアーカイブ

ラ・メゾン・デュ・ショコラ;パリ ジュテーム 4粒入

フランスの メゾンデュショコラ (La Maison du Chocolat) は世界中にその名を馳せるチョコレートブランド。創始者ローベル・ランクス(Robert Linxe)氏は、1981年にC.C.C.設立の旗振り役となり、1995年サロン・デュ・ショコラのメンターとしてサロン創設者のシルヴィー・ドゥースとフランソワ・ジャンテを支えるなど、現代のチョコレート文化の発展に深く寄与した人物です。
ブランドは、ランクス氏の哲学と技術を引き継ぎ、2012年からはマスターシェフとしてニコラ・クロワゾー(Nicolas Cloiseau)氏が率いています。日本へは 1998年に東京・表参道に日本一号店をオープンさせ、現在銀座、六本木、新宿等に6店舗を構えています。
厳選された81ブランドが属するフランスのラグジュアリーブランド協会であるコミテ・コルベールに登録された最初のチョコレートブランドでもあります。

日本橋髙島屋のアムール・デュ・ショコラでパリ ジュテーム 4粒入を買いました。「パリのカフェテラス」をテーマにした4種類のショコラだそうです。

ラ・メゾン・デュ・ショコラ;パリ ジュテーム 4粒入

中には4粒のボンボンショコラが入っています。
商品説明によると「 バレンタイン限定パリ ジュテーム 4粒入。秘密めいていたり、どこか型破りだったり、パリの街中のさまざまなカフェテラスでの喜びにあふれた光景を表した4つの限定レシピ。シェフ・パティシエ・ショコラティエ、ニコラ・クロワゾーがチョコレートを通して、パリのカフェテラスで繰り広げられる世界を描き出します。バレンタインの新しい4種のレシピで表現されるのは、時にシックで、また活気に満ちて、甘美で、それでいて気取らず自由気ままな、ささやかなひとときやすばらしい瞬間」とのこと。
商品の詳細が書かれたリーフレットもついています。素晴らしいアートワークが贅沢な使われ方をしていて度肝を抜かれました。その辺のショコラティエならメインビジュアルに使いそうなものをここで使いますか。格の違いを見せつけてきます。こういうのパリ仕草っていうの?

ラ・メゾン・デュ・ショコラ;パリ ジュテーム 4粒入

オペラ シック(OPÉRA CHIC)は赤いラインが引かれたボンボンショコラ。商品説明によると「ーシックなオペラー つつましやかでエレガントな味わいのプレーンダークガナッシュ」とのこと。ベネズエラ産カカオ75%を使用しています。ボンボンの裏まで見て。凝っているから。

ラ・メゾン・デュ・ショコラ;パリ ジュテーム 4粒入

センターはプレーンなビターチョコレートのガナッシュです。チョコレートのフローラルな香りがまろやかな生クリームと合わさってさらに豊かな香りとなって広がります。官能的な口当たり。さすが一流のメゾンとしか言いようがありません。全ての人の心を蕩けさせて魅了します。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:ただただ心が揺さぶられる

リュクサンブール エクスキ(LUXENBOUGE EXQUIS)は白いラインが引かれたボンボンショコラ。商品説明によると「ー甘美なリュクサンブールー ベルガモットティーと生ライム、ニワトコの花、ピンクグレープフルーツの風味のダークガナッシュ」とのこと。

ラ・メゾン・デュ・ショコラ;パリ ジュテーム 4粒入

なんて輝かしく清らかな香りでしょう。初夏の木陰で心地よい風に吹かれたような気分になりました。フレッシュな酸味に白い花やマスカットを連想させる香りが体を軽くさせてくれます。後味に広がるチョコレートのすっきりとした苦味がとても美味しく感じられました。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:格の違いを見せつけられます

ペティヨン モンマルトル(PÉTILLANT MONTMARTRE)はミルクチョコレートのボンボンショコラ。商品説明によると「ー活気に満ちたモンマルトルー ノンアルコールスパークリングワインの爽やかさ、赤桃のフルーティーさが際立つダークガナッシュ」とのこと。

ラ・メゾン・デュ・ショコラ;パリ ジュテーム 4粒入

コーティングのミルクチョコレートの間から桃の白い果汁がほとばしるよう。スパーリングワインのみずみずしさも手伝って、香りの濃度が桁違いに感じられました。桃っておいしいなと、夏を待ちわびてしまいます。ナッツ香のあるミルクチョコレートが余韻を優しくしてくれました。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:見た目によらずジューシーです

デザンヴォルト サンジェルマン(DÉSINVOLTE SAINT GERMAIN)はハート型のボンボンショコラ。商品説明によると「ー自由気ままなサンジェルマンーハワイ産のコナコーヒーとバニラの風味が香る、アーモンド&ヘーゼルナッツの食感が心地よいミルクプラリネ 」とのこと。

ラ・メゾン・デュ・ショコラ;パリ ジュテーム 4粒入

コナコーヒーの軽やかな香りをナッツのまろやかな甘みが支え、それをさらにミルクチョコレートの香りが包みます。このアソートの中で唯一のプラリネ。奥歯に当たる細やかな粒感がそれはそれは心地よいのでした。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:ハート型でさえも上品

お値段は2,106円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:どこまでも美しい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:パリ ジュテーム 4粒入り
種類別名称:チョコレート
原材料:砂糖、ココアバター、カカオマス、全粉乳、アーモンド、生クリーム、グルコースシロップ、バター、ぶどう、ヘーゼルナッツ、コーヒー、もも、大麦種子パウダー、濃縮ピーチジュース、ライムジュース、小麦粉、バニラビーンズ、転化糖、脱脂粉乳、紅茶、大麦麦芽エキス、食塩/香料、ソルビトール、乳化剤(大豆由来)、着色料(アナトー、アカビートジュース)
内容量:25g
原産国:フランス
輸入者:ラ・メゾン・デュ・ショコラ・ジャポン(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

ラ・メゾン・デュ・ショコラ;キャレ2種

ラ・メゾン・デュ・ショコラ(La Maison du Chocolat)のキャレをお土産に貰いました。

左がミルクチョコレートで右がビターチョコレートのキャレです。どちらも巻紙にラ・メゾン・デュ・ショコラのマーク、カカオを挽く石臼マテーテをシンボル化したものが描かれています。

ミルクチョコレートのキャレ(Carré de chocolat au lait)はカカオ37%です。

すっきりとしたミルクの香りが印象的で、まるで生キャラメルを食べているかのよう。バニラはフローラルな素敵な香りを、カカオはそれらに奥行きを与えます。余韻は長く、カカオの上品なロースト感をミルクで包んだまろやかさが続きます。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:バニラの甘い香りが素敵です

ビターチョコレートのキャレ(Carré de chocolat au noir)はカカオ60%です。

雑味のないすっきりとしたした香りです。甘みが上品に抑えられています。強めのロースト香に加えて、バナナやカシューナッツのようなまろやかな香り、タバコの葉に似た奥行きのある風味があります。最近、やさしい風味でまろやかさを求めたようなビターチョコレートが多い中、ちょっと渋めの大人っぽい雰囲気があるチョコレートです。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:渋くて深い香り

ラ・メゾン・デュ・ショコラ;コフレ・ドゥ・トリュフ-コニャック風味

世界を股にかけて活躍されている知人から、茶色の箱もリボンも美しく高級感あふれるチョコレートを頂きました。ラ・メゾン・デュ・ショコラ(La Maison du Chocolat)のコフレ・ドゥ・トリュフのコニャック風味(Coffret truffes Champagne)です。
ラ・メゾン・デュ・ショコラ;コフレ・ドゥ・トリュフ-コニャック風味
この時計でも入っていそうな美しい外箱はエルメスと同じ工場で作られていると聞きます。確かに似た雰囲気がありますよね。

中には満杯のトリュフ。
開けた瞬間、思わず歓声をあげてしまいました。だって、最高級のチョコレートがこんなにもいっぱい!まるで夢のようじゃありませんか!
ラ・メゾン・デュ・ショコラ;コフレ・ドゥ・トリュフ-コニャック風味

トリュフの不揃いな粒からは、洋酒の香りが広がり、否が応でも期待が高まります。取り扱いづらいくらいに柔らかな状態で形を作っているのでしょう。その分パウダーをたっぷりまとっているのが、かえってうれしい。
ラ・メゾン・デュ・ショコラ;コフレ・ドゥ・トリュフ-コニャック風味
口に含むと、しっかりと苦いココアパウダーの後からコニャックとコーティングのチョコレートの香りが一瞬にして広がります。口溶けの良さは申し分なく、初めてラ・メゾン・ドゥ・ショコラのを食べた時の印象のまま。ダークチョコレートのガナッシュによる甘みが消えた後も、コニャックのなんとも言いがたい優雅な雰囲気が長く続きます。チョコレートとコニャックの組み合わせって、本当に素晴らしい。上質のカカオでブランデーの華やかさに熟成感とまろやかさを加えています。永遠に続きそうな暖かい余韻は忘れがたく、色っぽい。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:ダークチョコレートなのに、とても優雅
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:コフレ・ドゥ・トリュフ-コニャック風味(Coffret truffes Champagne – 190g)
種類別名称:チョコレート
原材料:ダークチョコレート(カカオペースト、砂糖、カカオバター、乳化剤:大豆レシチン、天然バニラフレーバー)、生クリーム、砂糖、バター、コニャック アルコール分40%(レシピ内コニャック含有率2.4%) カカオ含有量:ダークチョコレート56%以上
内容量:190g
原産国:フランス
輸入元:ラ・メゾン・デュ・ショコラ・ジャポン(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

来栖けいさんのご著書「美食の王様のお取り寄せ」に掲載☆☆大人気フランボワーズショコラから…

ラ・メゾン・デュ・ショコラ;ボンボンショコラ6種

パリ生まれの比較的新し目のブランド(1977年創業)ラ・メゾン・デュ・ショコラです。

アナスタシア(Anastasia)はジャンドューヤをダークチョコレートでコートしたもの。
アナスタシア
まず、口の中でスッと消えていく軽さに驚く。ナッツの香ばしい香りがふわっと広がります。しかし、ちょっとこの食感は驚きます。そうかー、ラ・メゾン・デュ・ショコラは食感に魔法があるのね。

バッカス(Bacchus)はラムレーズン入りのダークガナッシュ。
バッカス
ラムの香りが強い。ダークチョコレートの苦味が強いので香りもそれに見合った強さだと思いますが、実に男っぽい味です。コーヒーと合わせたい一品です。

シルビア(Sylvia)はプレーン・ミルクガナッシュ。
シルビア
ミルクチョコレートの香りが心地よいです。最近食べたレダラッハと同様の質の良いミルクの香りです。やっぱり同じくらい甘いけれど、こちらの方が消えるのが早いです。やはり、ラ・メゾン・デュ・ショコラは溶け方に特徴がありますね。

オテロ(Othello)は香り豊かなはちみつ風味のダークガナッシュ。
オテロ
口にくわえた瞬間にはちみつの香りがふわっと広がります。ダークチョコレートの苦味からはちみつの風味ある甘さがにじみ出てきて、素晴らしい瞬間が訪れます。はちみつ好きにはたまらない味です。これ、私のお気に入り。

アルネギー(Arneguy)は柑橘系フルーツ風味のダークガナッシュ(オレンジ、グレープフルーツ、レモン)です。
アルネギー
ダークチョコレートの苦味の中からオレンジの強いが広がります。甘めです。

リゴレット・ノアール(Rigoletto Noir)はキャラメルバター風味のムースをダークチョコレートでコートしたもの。
リゴレット・ノアール
キャラメルがスーッと溶け、焦がしキャラメルが香ります。つまんだら溶けちゃった。

全体的に甘めですが、ガナッシュがかなり軟らかく、口の中に入ると自重で溶けるくらいの軽さがあります。そのため、味も香りも濃く出来ているものの、後に残らないという不思議な感触です。面白いですね。

ボンボンショコラは1個315円。

総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:食べ口が軽いので量を食べちゃいそうです。

にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへブログ王

オリジナルショコラがついに登場!とろけるボンボンショコラ6個入