日本のチョコート」タグアーカイブ

レ・トロワ・ショコラ;発酵チョコレート

東日本大震災の教訓を忘れないためにも、毎年3月11日には震災復興の応援ができる買い物をしています。2018年は、アーバンドッグららぽーと豊洲で開催された東北エールマーケットマルシェに行ったところ、石孫本店の売り場にチョコレートがありました。

石孫本店は、秋田県湯沢市で昔ながらの製法で味噌や醤油を造っている老舗の蔵で、明治16年(1883)から大正5年(1916)の間に建てられた六棟の蔵は、登録有形文化財に登録されています。しかし、残念なことに、東日本大震災の影響で醤油を仕込んでいた一号蔵が倒壊し、現存する蔵は五棟になりました。

差し出された試食をいただいたら、お味噌の香りがふんわりと広がって、チョコレートとよく調和していました。

おいしいと思ってよくよく見てみたら、レ・トロワ・ショコラコラボ商品じゃないですか。

レ・トロワ・ショコラ(LES TROIS CHOCOLATES)は、博多のチョコレートショップの創業者から3代目にあたる佐野恵美子氏が渡仏してオープンしたブティックです。2017年、福岡市の天神ソラリアにレ トロワ ショコラ コラボ チョコレートショップがオープンしました。

こちらが、レ・トロワ・ショコラと石孫本店のコラボ商品、発酵チョコレートです。パッケージは蓋身式です。蓋にはオレンジ色の化粧箱に石孫本店の商標である井桁マークと印相体で「石孫」と書かれたシールが貼られ、身の方は茶色ベースの市松模様です。

なんでも、パリで開かれた日本の食材を紹介するイベントをきっかけに生まれた商品なんだそうです。

中には4粒のボンボンショコラが入っています。左上から時計回りに、黒味噌、吟醸 孫左エ門味噌、再仕込醤油 芳寿、籾発芽玄米仕込 孫左エ門味噌です。

同封の小さなリーフレットには、ボンボンショコラの詳細が写真付きで丁寧に書かれています。裏面に「素材と鮮度にこだわった五大陸のカカオを使用した高い品質と、石孫本店の発酵調味料のコラボレーションをお楽しみ下さい」とありました。ボンボンショコラを覆っていた抑え紙は、和紙のような繊維が感じられる質感のものに、垣の編みのような模様が空摺りにされて、箱と同様に趣のあるものが使われています。

黒味噌です。商品説明によると「米麹たっぷりの吟醸味噌を三年熟成。甘さと長期熟成の深い旨みが特徴」のお味噌を使用しています。

コーティングはビターチョコレートで、センターは、お味噌が入ったミルクチョコレートのプラリネです。ビターチョコレートの上質で乾いた苦味の中から、お味噌の深みのある香りと旨味がアーモンドの芳しさと共に広がります。まるでグラニュー糖のようなサクサクとした歯応えもおいしい。お味噌の旨味が余韻にまで長く続きます。口溶けはとても滑らかです。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:歯応えが楽しい

吟醸 孫左エ門味噌です。商品説明によると「米麹を贅沢に使用し柔らかな香りとまろやかな甘さの天然醸造味噌」を使用しています。

コーティングはミルクチョコレートで、センターは、お味噌が入ったミルクチョコレートのガナッシュです。なめらかなミルクチョコレートの香りを包むように生クリームの香りと甘さが広がり、そして、まるでキャラメルのような旨味が濃厚に広がります。余韻に旨味が加わります。口溶けはとても滑らかです。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:塩味で際立つ甘味

再仕込醤油 芳寿です。商品説明によると「本醸造醤油を仕込み水代わりに使い、再度大豆と小麦を加えて二年熟成させた濃厚な味わいの天然醸造丸大豆醤油」を使用しています。

コーティングはビターチョコレートで、センターは、お醤油が入ったビターチョコレートのガナッシュです。コーティングの深い苦味の後、発酵香を伴うお醤油の旨味が広がります。チョコレートと合わさって、まるで深くローストされたような香りになるのが面白い。私はチョコレートシーズンになると、チョコレートの口休めに大徳寺納豆をよく食べるのですが、その感覚とよく似ていて、珍味的な旨さに感じました。口溶けはとても滑らかです。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:焦香が面白い

籾発芽玄米仕込 孫左エ門味噌です。商品説明によると「籾の状態で自然発酵させた玄米を100%原料米として使用。栄養素が高く深みのある味わいの甘口の味噌」を使用しています。

コーティングはミルクチョコレートで、センターはお味噌が入ったミルクチョコレートのガナッシュです。清涼感のあるミルクチョコレートの甘くなめらかな口溶けの後、旨味を伴ってミルクチョコレートの華やかな香りが広がります。かすかな塩味が甘味を際立たせ、口溶けはとても滑らかです。余韻として長く塩分が弾けるような旨味が残り、それも心地よく思いました。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:甘く華やか

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

本商品は、レ・トロワ・ショコラと石孫本店のコラボ商品で。数量限定品。毎年、売り出されるとすぐに完売してしまうとのことで、今回、たまたま訪れたマーケットで巡り会えたのは、ラッキーとしか言いようがありません(食いしん坊の神様、ありがとう)。今後も、購入の機会があることを祈ります。

お値段は1,600円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:手に入ったのがラッキー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:発酵チョコレート
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、生クリーム、脱脂粉乳、カカオバター、砂糖、転化糖、味噌、醤油、アーモンド、(原材料の一部に小麦・大豆を含む)
内容量:4個
製造者:レ・トロワ・ショコラ
販売元:(有)石孫本店
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

ショコラティエ パレ ド オール;からだにおいしすぎるショコラ QHプレミアム

ショコラティエ パレ ド オール(CHOCOLATIER PALET D’OR)の歴史は、三枝俊介氏が2004年大阪西梅田にブティックをオープンしたことに始まります。ブランド名の由来は、故モーリス・ベルナシオン氏のスペシャリテ、「パレドオール(金の円盤)」によるものだそうです。

アルチザンパレドオールと は、ショコラティエ パレ ド オールのオーナーシェフ三枝俊介が2014年11月清里にオープンさせたBean to Bar(ビーントゥバー)の工房。世界中から選び抜いたカカオ豆をベストな状態に焙煎し、ショコラに仕上げるまでの全工程を手がけるという日本で初となる 工房です。

からだにおいしすぎるショコラ QHプレミアムを頂きました。パッケージは円形で透明の蓋付き化粧箱。商品の英語名が形に沿って丸く書かれています。
ショコラティエ パレ ド オール;からだにおいしすぎるショコラ QHプレミアム
若草色のフィーフレットが付いています。キャッチコピーは「356日、まいにち、ひとつぶ」です。たぶん無理。

ショコラと機能性素材は最強の組み合わせです
ショコラは抗酸化力の強いカカオポリフェノールを豊富に含んでいるだけではなく、食物繊維も多いので糖質の吸収を遅くする優れた食品。それに、アンチエイジングに大切な還元型コエンザイムQ10と乳酸菌が入っています。若い人から高齢者まで幅広く食べて元気になってもらいたいショコラです。

中には12個のボンボンショコラが放射状に並べられて収められています。
ショコラティエ パレ ド オール;からだにおいしすぎるショコラ QHプレミアム

表面に金粉がまぶされたビターチョコレートのボンボンショコラです。商品説明によると「ショコラでからだもこころも幸せになってほしい。そんな思いから『からだにおいしすぎるショコラ』は、からだにやさしい食材のみでつくりました。砂糖を使わず、メープルシロップとはちみつで甘みをつけ、生クリームに替えて豆乳を、バターに替えて良質のゴマ油を使っています。さらに、アンチエイジングをサポートするプレミアムな素材を加え」ているそうです。
ショコラティエ パレ ド オール;からだにおいしすぎるショコラ QHプレミアム
フローラルな香りのする酸味も苦味も穏やかなチョコレートです。ガナッシュはねっとりとした口溶けで、生クリームと使っていない分、味の厚みが不足するのかもと思っていましたが、そこはメープルシロップの透明感ある蜜感と栗蜂蜜を使っているらしい癖のある香りがうまく働いています。コーティングのメープルシロップの香りが鮮明で後味の甘さにフローラルな透明感。口溶けはやや粉っぽい。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:一気に食べました
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:からだにおいしすぎるショコラQH
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、豆乳、メープルシロップ、メープルシュガー、胡麻油、蜂蜜、砂糖、ココアバター、コエンザイムQ10(還元型)、コロカリア、乳酸菌、バニラビーンズ、トレハロース、香料、乳化剤(大豆由来)、着色料(金箔)
内容量:12個
製造者:(株)オヴァールリエゾン
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

サトミフジタ;ショコラショー

サトミフジタ(Satomi Fujita by KAMEYA YOSHINAGA)亀屋良長がプロデュースする新しい菓子ブランドで、パティシエ藤田怜美氏が手掛けています。

ショコラショー笑(chocolat chaud 笑)を買いました。
サトミフジタ;ショコラショー

中には笹型の白い菓子と茶色の犬顔が描かれた丸いチョコレートが入っています。
サトミフジタ;ショコラショー

笹型のお菓子。
サトミフジタ;ショコラショー

犬顔のチョコレート。商品説明によると「Satomi Fujitaのショコラショーはchocolat chaud ではなく、『chocolat 笑』。竹と犬の組み合わせは『笑』の字に似ていることから、古くから縁起の良い組み合わせとされています。100年以上前の犬と竹の木型を使い、濃厚なココアの押ものを作りました。カップに入れて、お湯を注ぐと思わず笑みがこぼれるホットココアの出来上がり」だそうです。
サトミフジタ;ショコラショー
竹の白い押し物は、スキムミルクと砂糖で出来ています。犬顔のチョコレートは固めてあるので、お湯を注いでもすぐには溶けません。気長に溶かしましょう。
出来上がりは柔らかい口当たりのホットショコラです。どろっとしたお汁粉のような濃密な口当たり。私にはやや甘めに感じましたので、バーミックスでホイップするのもよいでしょう。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は594円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:お汁粉感覚で
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ショコラショー笑
種類別名称:菓子
原材料:砂糖、ココアパウダー、脱脂粉乳、片栗粉、還元水飴、塩
内容量:1個
製造者:亀屋良長(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

亀屋良長;焼きカカオ

亀屋良長は、京菓子の名門「亀屋良安」から暖簾分けするかたちで享和3年(1803)創業。以来、四条醒ヶ井で営業を続け、当代が八代目です。

焼きカカオは、亀屋良長とDari Kとのコラボレート商品です。パッケージは茶色と薄黄色を基本色にしたカカオ豆の模様が入ったジップ袋です。
亀屋良長;焼きカカオ

さらに、内容物は透明なフィルムで密閉されています。
亀屋良長;焼きカカオ

密閉袋の中には、粉糖をまぶされたボウロが10個入っています。商品説明によると「焙煎後のカカオ豆を丸ごと黒糖餡入のぼうろ生地にたっぷりと混ぜ込み焼き上げました。仕上げに、徳島県産の和三盆糖をまぶしています。口の中ではじけるカカオ豆の爽やかでフルーティな香りと、パリパリとしたカカオ皮の食感。濃厚な味と香りながら、後味は軽やか。フレッシュなカカオ豆本来の味」だそうです。
亀屋良長;焼きカカオ
荒く砕いたカカオ豆の苦味を、表面の粉糖と練り込まれた餡こが和らげてくれます。噛む毎にカカオニブのフルーティーな香りと硬質な苦味が広がるのがおいしくて、手が止まりません。ザクザクとした歯応えも楽しい。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は702円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:よいオヤツです
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:焼きカカオ
種類別名称:焼菓子
原材料:小麦粉、砂糖、バター、カカオ豆、卵、和三盆糖、カカオパウダー、黒糖、小豆、還元水飴、塩/膨張剤、トレハロース(一部に、小麦、卵、乳成分を含む)
内容量:10個入
一箱あたりのカロリー:461kcal
製造者:亀屋良長(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ