有料記事」タグアーカイブ

ル・ショコラ・アラン・デュカス;オリジン ノワール 75% エクアドル ナショナル アリバ

東京・日本橋のル・ショコラ・アラン・デュカス(Le Chocolat Alain Ducasse Japon)東京工房に行きました。

ブランド名からわかるとおり、フランス、モナコ、ロンドンなど世界各地でレストランを経営するアラン・デュカス(Alain Ducasse)氏が手掛けたチョコレートブランドです。ル・ショコラ・アラン・デュカスは2013年にパリに工房を構えることで誕生し、次いで東京・日本橋にできました。
エグゼクティブ・シェフのジュリアン・キンツラー(Julien Kientzler)氏がこの東京工房を指揮し、日本で販売する全てのチョコレートの製造が行われています。

オリジン ノワール 75% エクアドル ナショナル アリバ(SINGLE-ORIGIN DARK 75% ECUADOR NATIONAL ARRIBA)を買いました。パッケージはクラフトペーパー風のジップ袋です。

中にはゴシック調な雰囲気のあるタブレットが入っています。大小のブロックが模様を作る様は、装飾性豊かな建築物の壁を見るようです。

ロースト感から広がる深い苦味とナッツ感のある甘い油脂。そこから立ち上がるアリバカカオならではのジャスミンを思わせるフローラルな香りが美しい。酸味はとても穏やかです。タンニンが多いのでしょう。たくさん食べると収斂味を伴う渋みがありますが、それが味に深みをもたらしています。わずかに粒子感があり、その分余韻をゆるやかに感じられました。
こちらのタブレットには塩が加えられています。余韻にミネラルを感じると、最近飲んでいた浅煎りのコーヒーとそっくりになるのが面白くて、立て続けに4枚も買ってしまいました。
お値段は1,782円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:ボディの強さが魅力です
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:オリジン ノワール 75% エクアドル ナショナル アリバ
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス(エクアドル産カカオ豆100%)、砂糖、ココアバター、食塩、乳化剤
内容量:75g
製造者:(株)スティルフーズ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ


人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

OGチョコレート・エクアドルダーク70% 100g bjornsted
価格:500円(税込、送料別) (2019/12/16時点)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

【有料】おいしさを記述する

おいしさを記述する際、CMSの特性上、検索性に乏しく情報が刹那的に消費されるSNSには感情的、嗜好的、詩的な表現が目的に向いています。一方、ブログはWeb検索との相性がよくデータベースとしても使えるため近年もっぱら分析的な表現をしています。

一口食べると心に花が咲くような優美なチョコレートの世界に、どうして分析的な表現を持ち込んだかというと、これは私が分析畑の人間だからとしか言いようがなく、かくしてチョコレートのおいしさについて書いている割に堅苦しい記事が積み重なって今に至ります。

唐突にこんな文章で始まったのは、このところビーントゥバー(Bean to bar)界隈のクラフトチョコレートについて商品紹介を書きあぐねているから。パッケージやモールドにこだわりを見せるブランドもありますが、彼らが最も重視しているのは、カカオの品質とそのポテンシャルを如何に引き出すかに尽きるわけです。であるならば味についてより細かく記述したいと思うのですが、官能評価をどこまで定型化するべきかを考えるとキーボードを叩いていた指がBackspaceに向かってばかり。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

【有料】おいしいチョコレートってどんなもの?

このブログでは頻繁においしいという言葉が出てきます。なんなら二言目には「おいしい」と書いています。しかたがありません、おいしいと思ったチョコレートのことしか書いていませんから。

おいしいにも強弱があって「ん、食べられる。おいしい」「普通においしい」なんてものから、「すごくおいしい」「おいしくて目が覚めた」「感動で無言になるほどおいしい」「今すぐここを出て岸壁まで走って『オイシー!』と叫びたい」と、その感情の振幅は様々です。このブログではいちいち書きませんが。

じゃ、おいしいチョコレートってどんなものだろう?そもそもおいしいってどういうこと?今回は、そんな話を取り上げたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

【有料】世界で一番おいしいチョコレート

チョコレートのことをブログに書いてると人に言うと、よく聞かれます。

「どのチョコレートが一番おいしい?」

大抵、その時々で心のままに答えているけど、質問者にとっては手にしづらい商品だったりすることが多いようで、たまには「えっ?そんなに高いの?」なんて反応もあります。

年初から3月にかけての日本でチョコレートが最も売れるシーズンには、たくさん人が世界一美味しいチョコレートを求めて催事場に赴きます。テレビ、グルメ情報サイト、SNS、雑誌とあらゆる媒体に目を走らせ、珍しくて新しくて美味しくて、みんなが羨むような特別なチョコレートを探し求めます。私も熱病のようにチョコレート・フィーバーを患ったまま、ただでさえ忙しい年度末を駆け回ります。

そんな時、もしあなたが世界で一番おいしいチョコレートのクチコミを探していると知ったら、私はそんな無駄なことはやめたら?と忠告してしまうかもしれません。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について