板チョコレート」タグアーカイブ

トライバルカカオ;タブレット4種

トライバルカカオ(Tribal Cacao)は千葉県柏市にあるビーントゥバーを扱うショコレートショップです。ダンデライオンで修行された職人さんが開いたお店だと伺いました。

パッケージはアンデスの織物を連想させる腰のある厚物クラフト紙で、チョコレート別に色分けされたラベルが貼られています。左から、トリニダード・トバゴ (カカオ70%)、ドミニカ (カカオ72%)、ハイチ (カカオ72%)、マダガスカルグリーン(カカオ70%)です。

トライバルカカオ;タブレット4種
トライバルカカオ;タブレット4種

外装は厚手で腰のある包み紙ですが、さらに内側に厚紙が入っているので割れにくく運搬性がありそうです。チョコレートは金色のアルミ箔に包まれています。

トリニダード・トバゴ (カカオ70%)は黒いラベルがついています。

トライバルカカオ;トリニダード・トバゴ (カカオ70%)
トライバルカカオ;トリニダード・トバゴ (カカオ70%)

商品説明によると「※こちらはマニア向けです。ブルーチーズ系の発酵臭が強めです。トリニダード・トバゴ(Trinidad Tobago)産のカカオ豆を使用。カカオ分70%。オレンジの皮、ブルーチーズ、赤ワインのタンニン。それ以外にも多様な味わいが口いっぱいに広がります。驚くほどスパイシーですが上品な不思議なチョコレートに仕上げました。おすすめのペアリング:マンデリンなど強めのコーヒー、赤ワイン」とのこと。

トライバルカカオ;トリニダード・トバゴ (カカオ70%)

米印を付けて注意喚起するくらいマニア向けのお味とは、一体どんなもの?一口目でなるほどなと思わせる癖の強さ。深いローストに、フルーティーな酸味と力強いタンニンの渋み、そして、ブルーチーズとの例えはなるほどと頷くしかない発酵臭があります。んー、これは珍味の域に達していますねえ。確かに、注意書きは必要。ブルーチーズだろうがくさやだろうが大徳寺納豆だろうが平気なくらい食の嗜好が広めな人でもないと、最初にこれに当たると厳しい。しかし、これくらい味の濃いチョコレートならブルーチーズと相性がよいのでクラッカーにのせておツマミにしたら案外パクパクいけちゃうし、むしろハマりがちだと思います。
お値段は650円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:これは珍味の域
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:トリニダード・トバゴ (カカオ70%)
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖
原産地:トリニダード・トバゴ
内容量:20g
製造者:Tribal Cacao
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

ドミニカ (カカオ72%)は赤いラベルがついています。

トライバルカカオ;ドミニカ (カカオ72%)
トライバルカカオ;ドミニカ (カカオ72%)

商品説明によると「素材の持ち味を生かすために厳選したカカオ豆と砂糖のみで作ったタブレットチョコレートです。ドミニカ(Dominica)産のカカオ豆を使用。カカオ分72%。力強いカカオ感とハチミツの甘味、酸味とチョコレートらしいチョコレートです。おすすめの飲み合わせ:コーヒー、紅茶、ウィスキーとの相性が抜群」とのこと。

トライバルカカオ;ドミニカ (カカオ72%)

深いローストからくる苦味にサクランボのような酸味。食べ進めるに従って酸が際立ち、同時にピーナッツのような旨みと渋みが立ち上がります。これだけ味が力強いとマショマロと焼いてスモアにしたくなる。商品説明にはチョコレートらしいチョコレートとありましたが、他の店ならこれだって十分に個性的。
お値段は650円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:フルーティーな酸味
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ドミニカ (カカオ72%)
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖
原産地:ドミニカ
内容量:20g
製造者:Tribal Cacao
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

ハイチ (カカオ72%)は青いラベルがついています。

トライバルカカオ;ハイチ (カカオ72%)
トライバルカカオ;ハイチ (カカオ72%)

商品説明によると「素材の持ち味を生かすために厳選したカカオ豆と砂糖のみで作ったタブレットチョコレートです。ハイチ(Haiti)産のカカオ豆を使用。カカオ分72%。柔らかな印象の甘味と軽い乳酸風味があります。ヨーグルトに桃を入れたような味わいです。最初から最後まで味の奥行と優しい甘さが楽しめる1枚です。Pairing:軽い焙煎度のコーヒー、ミルクティー、ブランデー」とのこと。

トライバルカカオ;ハイチ (カカオ72%)
トライバルカカオ;ハイチ (カカオ72%)

この中で最もやさしいお味。桃のような軽く爽やかな酸味にまろやかな甘味が広がります。これはハイカカオをあまり口にしていない人にも良さそう。こくのある苦味を楽しみながらも、軽い酸味が楽しめるバランスの良い味です。
お値段は650円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:最初の一枚はこれがおすすめ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ハイチ (カカオ72%)
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖
原産地:ハイチ
内容量:20g
製造者:Tribal Cacao
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

マダガスカルグリーン(カカオ70%)は緑のラベルがついています。

トライバルカカオ;マダガスカルグリーン(カカオ70%)
トライバルカカオ;マダガスカルグリーン(カカオ70%)

商品説明によると「素材の持ち味を生かすために厳選したカカオ豆と砂糖のみで作ったタブレットチョコレートです。マダガスカル(Madagascar)産のカカオ豆を使用。カカオ分70%。赤い色のラベルとは農園が違います。こちらは自然派農法で育てたものでとても滋味に溢れる仕上がりとなっています。抹茶やバナナのような奥深い苦みとうまみ。ナッツで作ったカスタードクリームのような良質な油の味が楽しめます。おすすめの飲み合わせ:ニカラグア系のコーヒー、ミルクティー」とのこと。

トライバルカカオ;マダガスカルグリーン(カカオ70%)
トライバルカカオ;マダガスカルグリーン(カカオ70%)

これも相当にマニアックなお味。最初、ラベルを間違えたのかと思ったくらいにマダガスカル産カカオによくあるフルーティーな酸味が感じられず、あれれと混乱させられました。よくよく味わうと熟したバナナのような酸味と甘味。それ以上に特徴的なのは旨みを伴う渋味。まるで煎茶や栗の渋皮を思わせます。暗い苦味や渋味の中から滲み出る旨みをとことん追求したい気持ちが伝わってきます。余韻は長いのですが、渋いので口の中がぱさぱさに乾きます。
お値段は650円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆☆
甘味:☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:決して嫌いじゃない
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:マダガスカルグリーン(カカオ70%)
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖
原産地:マダガスカル
内容量:20g
製造者:Tribal Cacao
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

レダラッハ;フレッシュチョコレート3種

レダラッハ(Läderach)は1962年、スイスのチューリッヒ郊外の町エネンダに1962年に誕生しました。スイス産ミルクを使ったミルクチョコレートを量り売りで販売しています。日本には銀座三越にのみ常設店舗を持ち、スイスから鮮度を保ったまま日本に航空便で届けられています。

三越銀座店でフレッシュチョコレートを買いました。

レダラッハ三越銀座店の量り売り
レダラッハ三越銀座店の量り売り

店員さんに、お店が青山にあったころにはよく買っていたんですけどねーと言ったら、怪訝な顔をされました。ごめんなさい。私世代には「ほんの前」でも、若い方なら一昔前の話をしてしまいました。
レダラッハが自由が丘店と青山店を閉店したのが2012年、その後、2017年に片岡物産と提携して再上陸し、現在の三越銀座店ができたのです。

購入すると、様々な割れチョコレートの断面がプリントされた白い蝋引き袋に入れてもらえます。チョコレートの説明が書かれたリーフレットも貰えます。

レダラッハ;フレッシュチョコレート3種
レダラッハ;フレッシュチョコレート3種

パッケージの裏面には商品名、賞味期限等が記された品質表記のシールが貼られていました。購入した内容量も書かれていたので都度印刷したものだということがわかります。さすがは片岡物産の手がけるブランドです。品質管理の徹底ぶりには感心する他ありません。

どれも量り売りで100g当たり1,800円です。今回は 30g ずつと指定して三種類買いました。左からアーモンドミルク、オレンジ アーモンド、ブラックベリーです。どのチョコレートにも黄色で特徴を表すイラストが描かれています。

レダラッハ;フレッシュチョコレート3種
レダラッハ;フレッシュチョコレート3種

アーモンドミルク(Almond Milk)です。商品説明によると「ミルクチョコレートとキャラメリゼしたアーモンドを合わせた、王道の組み合わせ」とのこと。

レダラッハ;アーモンドミルク
レダラッハ;アーモンドミルク

私、どうもカカオ分高めのものばかり選んでしまう癖がありますが、スイス産チョコレートなら、まずはミルクでしょということでアーモンドミルクです。優美なバニラの香りにフレッシュなミルクのまろやかさと旨みが広がる極上のミルクチョコレート、それにキャラメリゼしたアーモンドがホールで入っています。チョコレートとナッツの比率としてはナッツの方が多いくらいな食べ心地。ナッツ自体の極上の旨さがあってのこの味。いやはや実に贅沢な味です。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:ボリボリと歯ごたえまでおいしい

オレンジ アーモンド(Orange Almond)です。商品説明によると「オレンジの爽やかな風味とダークチョコレートの相性抜群の組み合わせ」とのこと。オレンジ4.87%使用。

レダラッハ;オレンジ アーモンド
レダラッハ;オレンジ アーモンド

力強い味のダークチョコレートに細かく切ったオレンジピールとアーモンドチップが練り込まれています。これかなり好み。チョコレートの濃厚な味わいとオレンジピールの爽やかな苦味とナッツの乾いた旨みが合わさって、いくら食べても食べ飽きない味。いわゆるマンディアンと違って、ピールとナッツがチョコレートと程よく混ざり合う大きさにしてあるのもおいしさの秘訣なのでしょう。極上の素材で作ったバリバリ大口で食べたくなるチョコレートという、贅沢な望みを叶えてくれる一品。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:100g買えばよかった

ブラックベリー(Blackberry)です。商品説明によると「ブラックベリーの心地よい酸味の余韻が残る、上品な味わいのダークチョコレート」とのこと。ブラックベリー1.26%使用。

レダラッハ;ブラックベリー
レダラッハ;ブラックベリー

ナッツの香りが強いダークチョコレートに華やかな酸味のドライブラックベリーを合わせたもの。ブラックベリーはベリーの中では鋭い酸味を持ちますが、これが苦味のしっかりしたダークチョコレートによく合って、実においしくて食べやすい。こういうところ、さすが老舗。味のバランスが良いなあと感心せずにはいられません。余韻に長くベリーの酸味が残ります。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:ダークチョコレートもおいしいんです

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

お値段は1,769円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:チョコホリックな方へ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:レダラッハフレッシュチョコレート
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖、脱脂粉乳、カカオバター
内容量:91g
製造者:(株)三越伊勢丹
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ


ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ オ レ エルメ

ピエール・エルメ・パリ(PIERRE HERMÉ PARIS)は世界で愛され、同業パティシエ達からも畏敬される存在。その鬼才ぶりは、ウォーグ紙に”パティスリー界のピカソ”と称賛されました。
4代続くパティシエの家系に生まれ、14歳で修行を始めました。37歳の時に東京ホテルニューオータニ内に自身の名前を持つブランドショップを立ち上げたのを皮切りに、現在は世界中にブランドを展開しています。現在、国際的な菓子職人協会ルレ・デセール副会長をされています。

キャレ ショコラ アマンドの残りが少なくなったのに危機感を募らせ、日本橋髙島屋のアムール・デュ・ショコラで、せめて他の種類をと買い足しました。

ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ シリーズ

キャレ ショコラ オ レ エルメ(CARRÉS DE CHOCOLAT AU LAIT)です。パッケージは紙製のスリーブ型で、ベージュと焦げ茶色のタイル模様を基調にしたものです。ブランド名と商品名が書かれた焦げ茶色のラベルが付いています。側面から覗く赤がよく映えます。

ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ オ レ エルメ
ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ オ レ エルメ

内箱は赤く、透明のプラスチックカバーがついていました。実は撮影前にエアダスターでかなり粉を吹き飛ばしました。チョコレート同士が擦れあって白い線ができるほどに粉を散らしていました。同時に買った他のキャレも同じ有様だったのが残念です。

ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ オ レ エルメ
ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ オ レ エルメ

中にはブランドマークが刻まれたキャレ(正方形のチョコレートバー)が30枚入っています。こちらも相当クリーニングしてから撮影しました。
商品説明によると「〈待望の新作キャレ!〉ダイレクトにカカオの醍醐味が味わえるシンプルな味わいながらも、エルメ氏の独創性が光る、隠れた人気商品『キャレ ショコラ』。こちらの『レ』はカカオ45%というエルメのオリジナルチョコレートを使用した逸品で、ミルクチョコレートのまろやかな味わいを楽しめ」るとのこと。

ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ オ レ エルメ
ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ オ レ エルメ

上質な苦味と旨味のあるミルクの香りが広がります。まろやかな口当たりで甘さは幾分控えめ。軽く焦がし香。味に奥行きがありながらもくどさがなく優雅な気分にさせてくれます。食べやすいせいでよい勢いで減っていきます。アマンドに引き続き危機感を覚えました。まだ売っているとよいけど。余韻にもミルクの香りが広がります。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は2,960円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:すっきりしたミルク香りが好みです
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:キャレ ショコラ オ レ エルメ
種類別名称:チョコレート
原材料:砂糖、ココアバター、全粉乳、カカオマス、乳化剤(大豆由来)
内容量:30個(120g)
販売者:ベーアッシュ パリ ジャポン(株)
加工所:(株)ウチダ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ


ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ ブロン

ピエール・エルメ・パリ(PIERRE HERMÉ PARIS)は世界で愛され、同業パティシエ達からも畏敬される存在。その鬼才ぶりは、ウォーグ紙に”パティスリー界のピカソ”と称賛されました。
4代続くパティシエの家系に生まれ、14歳で修行を始めました。37歳の時に東京ホテルニューオータニ内に自身の名前を持つブランドショップを立ち上げたのを皮切りに、現在は世界中にブランドを展開しています。現在、国際的な菓子職人協会ルレ・デセール副会長をされています。

キャレ ショコラ アマンドの残りが少なくなったのに危機感を募らせ、日本橋髙島屋のアムール・デュ・ショコラで、せめて他の種類をと買い足しました。

ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ シリーズ

キャレ ショコラ ノワール(CARRÉS DE CHOCOLAT BLOND)です。パッケージは紙製のスリーブ型で、ベージュと焦げ茶色のタイル模様を基調にしたものです。ブランド名と商品名が書かれたベージュ色のラベルが付いています。側面から覗く赤がよく映えます。

ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ ブロン
ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ ブロン

内箱は赤く、透明のプラスチックカバーがついていました。実は撮影前にエアダスターでかなり粉を吹き飛ばしました。チョコレート同士が擦れあって白い線ができるほどに粉を散らしていました。同時に買った他のキャレも同じ有様だったのが残念です。

ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ ブロン
ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ ブロン

中にはブランドマークが刻まれたキャレ(正方形のチョコレートバー)が30枚入っています。こちらも相当クリーニングしてから撮影しました。
商品説明によると「〈待望の新作キャレ!〉ダイレクトにカカオの醍醐味が味わえるシンプルな味わいながらも、エルメ氏の独創性が光る、隠れた人気商品『キャレ ショコラ』。こちらの『ブロン』は濃厚なキャラメルのような味わいが楽しめ」るとのこと。

ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ ブロン
ピエール・エルメ・パリ;キャレ ショコラ ブロン

以前のと味が変わりました。前に食べた印象よりも甘く、ホワイトチョコレート寄りになった印象です。キャラメルのようなミルクの焦がし香がおいしい。単体で食べると甘みが喉にしみるほどなのですが、紅茶と合わせて食べるとキャラメル香が立ち上がって塩味がしっかり現れます。止められないなあ。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は2,960円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:紅茶を淹れましょう
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:キャレ ショコラ ブロン
種類別名称:チョコレート
原材料:ココアバター、砂糖、全粉乳、脱脂粉乳、ホエイバター、バニラエキス、乳化剤(大豆由来)
内容量:30個(120g)
販売者:ベーアッシュ パリ ジャポン(株)
加工所:(株)ウチダ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ