粒チョコレート」タグアーカイブ

ドゥバイヨル;ボンボンショコラとオランジェット他

ベルギーにアトリエを構えるドゥバイヨル(DEBAILLEUL)は、1983年にMOFの重鎮マルク・ドゥバイヨル氏によって創設されました。現在は創設者の精神を忠実に守り、MOFロイック・ブランダン(Loïc Blandin)氏がシェフ ショコラティエを務めています。

ドゥバイヨル丸の内オアゾ店でボンボンショコラとシトロネットを買いました。ドゥバイヨル専用の美しいバロタンに入れてもらえました。

ドゥバイヨル;バロタン

開いても美しい。写真を取りそこねましたが、個々の商品の説明が書かれたリーフレットも付いてきます。


ドゥバイヨル;バロタン

ご覧のとおり、一つ一つグラシンカップに入れてある上に、上下段の間にはペーパークッションを敷いて十分に保護されています。バロタンにこんなに丁寧にチョコレートを入れてくれるのは日本だけかもしれません。

ドゥバイヨル;ガナッシュとチョコレート菓子

さらに、量り売りのパンプルムースが個別包装してあります。他のチョコレートを粉砂糖で汚してしまわないようにする配慮です。こういった細やかな品質管理がブランドを支えているのだと思います (どこまでも本場風な別のパティスリーでひどい目にあったばかりなので余計に感激)。
新年から癒やされました。こういった素敵なブランドこそ長く長く続いてほしいので、今年もせっせと通いますよ。

マルト(MARTHE)です。商品説明によると「クリームをたっぷり使用したバニラガナッシュ入りビターチョコレート」です。

ドゥバイヨル;マルト

濃い。真黒に見える程に深く入ったロースト、まろやかな生クリームと華やかなバニラの広がりが見事です。甘すぎず心地よい苦味でココア感を楽しめます。ここ数年の Bean to Bar の潮流に揉まれて浅煎りのチョコレートを多く食べた口には、とてもオーソドックスに思える味だと思います。でも、このひと粒には、私がチョコレートをおいしいと感じる時の要素が詰まっています。最初に食べた時からずっと好き。口溶けもとても柔らかく、余韻はいつまでも優美です。
お値段は302円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:このひと粒には元気の素が詰まってる気がする

スノウドン(SNOWDON)です。商品説明によると「アイリッシュコーヒーのガナッシュをミルクチョコレートでコーティング」したものです。

ドゥバイヨル;スノウドン

清涼感のあるミルクチョコレートを口に含むと、中から甘さと苦味がウイスキーの香りと共に弾けます。溶け心地は実に滑らか。魅惑の味です。この鼻をくすぐる香りには誰だって魅了されるでしょ。コーヒー大好きな私にはまさに好みの味でした。
お値段は324円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:洋酒がしっかり効いています

オランジェット(ORANGETTE)です。商品説明によると「オレンジピールをビターチョコレートでコーティング」したものです。

ドゥバイヨル; オランジェット

冬になるとやけにオランジェットが食べたくなりません?
しっかりと苦味の感じられるビターチョコレートでオレンジピールをコーティングしてあります。オレンジピールはしっとりとして柔らかく、口の中でチョコレートとうまく調和します。余韻にオレンジピールの清涼感がいつまでも続きます。なんで一本しか買ってないのか自分を攻めたくなりました。
お値段は108円(量り売り)。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:明日にでも買いに行きます

シトロネット(CITRONETTE)です。商品説明によると「レモンピールをミルクチョコレートでコーティング」したものです。


ドゥバイヨル; シトロネット

一口食べてお口がキュっ引き締まりました。心まで溶けるようなまろやかで暖かみのあるミルクチョコレートの香り、それだけでも十分に魅了されるのに、さらにレモンの清涼感が広がります。まるで夢見心地。
お値段は86円(量り売り)。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:満足感高い

パンプルムース(PAMPLEMOUSSE)です。商品説明によると「グレープフルーツピールをミルクチョコレートでコーティング」したものです。

ドゥバイヨル; パンプルムース

なんて優しい味。上の二つと比べればピール感は控えめです。グレープフルーツのピールの苦味が控えめなせいで、パウダーシュガーの甘さとミルクチョコレートが組み合わさって、まるでキャラメルに包まれているかのように味に奥行きをもたらしています。一噛みごとに、グレープフルーツピールの香りと清涼感がチョコレートと絶妙に調和していくのが感じられます。これ楽しいな。
お値段は86円(量り売り)。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:鼻に抜ける香りもよい

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート;プロフーモ・ディ・ジェルソミーノ

アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート(Antica Dolceria Bonajuto)は1880年にフランチェスコ・ボナイユート氏が創業しました。モディカの老舗チョコレートショップとして昔からの味を守り、チョコレート好きな世界中の人々に愛されています。

サロン・デュ・ショコラでプロフーモ・ディ・ジェルソミーノ(CIOCCOLATO BONAJUTO AL PROFUMO DI GELSOMINO)を買いました。木箱に紫色の細いリボンが掛けられています。
アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート;プロフーモ・ジェルソミーノ

箱の中にはリボンと同じ色の薄紫色の敷き紙に包まれたオーガンジー生地の巾着袋。透けて中のチョコレートが見えます。
アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート;プロフーモ・ディ・ジェルソミーノ
チョコレートの他に、ジャスミンの花とブランドマークが描かれたラベルに、商品紹介が書かれたカードが入っています。

こちらは、店頭にあった写真を直に撮影したものです。
アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート;プロフーモ・ジェルソミーノ

商品説明によると「ジャスミンの花をカカオニブの横に置いて24時間ごとに花を交換。これを10日間繰り返してカカオに花の香りを移すという作業から生まれるショコラ。たくさん花びらを使い、手間ひまをかけて丁寧に作りました」とのこと。
チョコレートにジャスミンの香りを移すこの手法は、1600年にフランチェスコ・レーディがフィレンツェのメディチ家のコジモ3世のために作り出したレシピです。カカオ10キロにつき24,000と大量のジャスミンの花を使うために生産できる量が限られており、生産にかかるコストもとても高くなるため、現在このレシピで販売しているのはボナイユートだけ。

Youtubeに製法を紹介した動画がありました。

カカオニブの上で花開くジャスミンの可憐なこと。

オーガンジーの内袋の中には、一粒0.7gの小さな粒チョコレートが入っています。本当に少なくて大さじ3杯程度のボリュームなので、箱を開けて拍子抜けしないでくださいね。
アンティカ・ドルチェリア・ボナイユート;プロフーモ・ジェルソミーノ
ボナイユートのチョコレートは古いレシピによる低温製法なため、砂糖の結晶が溶け切らずに粒状の独特の食感があります。そのため、口当たりは悪いのですが、砂糖菓子を食べているかのようなシャリシャリとした舌触りを伴って砂糖の粒がダイレクトに甘味を伝えてくるのが魅力です。
それにしても、この香りは感動もの。購入の際に製法を理解していましたが、期待を越えていました。原材料を確認してもらえばわかるとおり、カカオマスと砂糖だけ。にもかかわらず、この華やかさ。確かに、保管の際などにチョコレートは香りが移りやすいのでジップロックやアルミホイルに包んで密閉するようにとはよく言われますが、まさかこんなにも吸着するとは。チョコレートは食品科学の分野でも大変おもしろい素材だと、つくづく思い知らされます。

賞味期限が長いのもうれしいところ。たまに思い出しては口に含み、感動を何度も楽しんでいます。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

入っているチョコレートは20gと少ないけれど、この一箱に詰め込まれた作手の想いはとてつもない量だと思いました。

お値段は3,240円。
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:チョコレートは香りが移りやすい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:プロフーモ・ジェルソミーノ
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス(65%)、きび砂糖
内容量:20g
原産国:イタリア
輸入者:(有)ポルコパッチョ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ティールーム 有機ジャスミンチョコレート
価格:486円(税込、送料別) (2018/8/26時点)

ロイズ;さくらベリー(チェリー&アーモンド)

さくらベリー(チェリー&アーモンド)です。パッケージは紙製のミシン目つきの封筒型ボックス。

密閉フィルムを開けると、中には薄桃色のホワイトチョコレートが入っています。商品説明によると「甘酸っぱくてさわやかな板チョコレート まろやかなホワイトチョコレートに、ストロベリーパウダー、さくらの葉のパウダーを入れて、ドライチェリーとアーモンドを、たっぷりと散りばめました。香ばしく甘酸っぱい果実味あふれる味わいが印象的な、春色の板チョコレート」だそうです。

杏仁を思わせる桜の香りとアーモンドの香りがミルクのまろやかさを伴って広がります。120gの大きさですが、ドライチェリーとアーモンドが加わって食べ応えにアクセントがあります。清涼感があるので甘いけれど食べやすく、結構なペースで食べきってしまいました。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は594円
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:食べやすい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:さくらベリー(チェリー&アーモンド)
種類別名称:チョコレート
原材料:ココアバター、砂糖、全粉乳、アーモンド、ドライチェリー、ストロベリーパウダー、練乳パウダー、桜葉パウダー/乳化剤(大豆由来)、香料、アカビート色素
内容量:120g
一箱あたりのカロリー:698kcal
製造者:(株)ロイズコンフェクト
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロイズ ROYCE フルーツバーチョコレート[6本入]
価格:648円(税込、送料別) (2018/7/7時点)

レ・トロワ・ショコラ;発酵チョコレート

東日本大震災の教訓を忘れないためにも、毎年3月11日には震災復興の応援ができる買い物をしています。2018年は、アーバンドッグららぽーと豊洲で開催された東北エールマーケットマルシェに行ったところ、石孫本店の売り場にチョコレートがありました。

石孫本店は、秋田県湯沢市で昔ながらの製法で味噌や醤油を造っている老舗の蔵で、明治16年(1883)から大正5年(1916)の間に建てられた六棟の蔵は、登録有形文化財に登録されています。しかし、残念なことに、東日本大震災の影響で醤油を仕込んでいた一号蔵が倒壊し、現存する蔵は五棟になりました。

差し出された試食をいただいたら、お味噌の香りがふんわりと広がって、チョコレートとよく調和していました。

おいしいと思ってよくよく見てみたら、レ・トロワ・ショコラコラボ商品じゃないですか。

レ・トロワ・ショコラ(LES TROIS CHOCOLATES)は、博多のチョコレートショップの創業者から3代目にあたる佐野恵美子氏が渡仏してオープンしたブティックです。2017年、福岡市の天神ソラリアにレ トロワ ショコラ コラボ チョコレートショップがオープンしました。

こちらが、レ・トロワ・ショコラと石孫本店のコラボ商品、発酵チョコレートです。パッケージは蓋身式です。蓋にはオレンジ色の化粧箱に石孫本店の商標である井桁マークと印相体で「石孫」と書かれたシールが貼られ、身の方は茶色ベースの市松模様です。

なんでも、パリで開かれた日本の食材を紹介するイベントをきっかけに生まれた商品なんだそうです。

中には4粒のボンボンショコラが入っています。左上から時計回りに、黒味噌、吟醸 孫左エ門味噌、再仕込醤油 芳寿、籾発芽玄米仕込 孫左エ門味噌です。

同封の小さなリーフレットには、ボンボンショコラの詳細が写真付きで丁寧に書かれています。裏面に「素材と鮮度にこだわった五大陸のカカオを使用した高い品質と、石孫本店の発酵調味料のコラボレーションをお楽しみ下さい」とありました。ボンボンショコラを覆っていた抑え紙は、和紙のような繊維が感じられる質感のものに、垣の編みのような模様が空摺りにされて、箱と同様に趣のあるものが使われています。

黒味噌です。商品説明によると「米麹たっぷりの吟醸味噌を三年熟成。甘さと長期熟成の深い旨みが特徴」のお味噌を使用しています。

コーティングはビターチョコレートで、センターは、お味噌が入ったミルクチョコレートのプラリネです。ビターチョコレートの上質で乾いた苦味の中から、お味噌の深みのある香りと旨味がアーモンドの芳しさと共に広がります。まるでグラニュー糖のようなサクサクとした歯応えもおいしい。お味噌の旨味が余韻にまで長く続きます。口溶けはとても滑らかです。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:歯応えが楽しい

吟醸 孫左エ門味噌です。商品説明によると「米麹を贅沢に使用し柔らかな香りとまろやかな甘さの天然醸造味噌」を使用しています。

コーティングはミルクチョコレートで、センターは、お味噌が入ったミルクチョコレートのガナッシュです。なめらかなミルクチョコレートの香りを包むように生クリームの香りと甘さが広がり、そして、まるでキャラメルのような旨味が濃厚に広がります。余韻に旨味が加わります。口溶けはとても滑らかです。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:塩味で際立つ甘味

再仕込醤油 芳寿です。商品説明によると「本醸造醤油を仕込み水代わりに使い、再度大豆と小麦を加えて二年熟成させた濃厚な味わいの天然醸造丸大豆醤油」を使用しています。

コーティングはビターチョコレートで、センターは、お醤油が入ったビターチョコレートのガナッシュです。コーティングの深い苦味の後、発酵香を伴うお醤油の旨味が広がります。チョコレートと合わさって、まるで深くローストされたような香りになるのが面白い。私はチョコレートシーズンになると、チョコレートの口休めに大徳寺納豆をよく食べるのですが、その感覚とよく似ていて、珍味的な旨さに感じました。口溶けはとても滑らかです。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:焦香が面白い

籾発芽玄米仕込 孫左エ門味噌です。商品説明によると「籾の状態で自然発酵させた玄米を100%原料米として使用。栄養素が高く深みのある味わいの甘口の味噌」を使用しています。

コーティングはミルクチョコレートで、センターはお味噌が入ったミルクチョコレートのガナッシュです。清涼感のあるミルクチョコレートの甘くなめらかな口溶けの後、旨味を伴ってミルクチョコレートの華やかな香りが広がります。かすかな塩味が甘味を際立たせ、口溶けはとても滑らかです。余韻として長く塩分が弾けるような旨味が残り、それも心地よく思いました。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:甘く華やか

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

本商品は、レ・トロワ・ショコラと石孫本店のコラボ商品で。数量限定品。毎年、売り出されるとすぐに完売してしまうとのことで、今回、たまたま訪れたマーケットで巡り会えたのは、ラッキーとしか言いようがありません(食いしん坊の神様、ありがとう)。今後も、購入の機会があることを祈ります。

お値段は1,600円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:手に入ったのがラッキー
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:発酵チョコレート
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、生クリーム、脱脂粉乳、カカオバター、砂糖、転化糖、味噌、醤油、アーモンド、(原材料の一部に小麦・大豆を含む)
内容量:4個
製造者:レ・トロワ・ショコラ
販売元:(有)石孫本店
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ