~150円」タグアーカイブ

ドゥバイヨル;ボンボンショコラとオランジェット他

ベルギーにアトリエを構えるドゥバイヨル(DEBAILLEUL)は、1983年にMOFの重鎮マルク・ドゥバイヨル氏によって創設されました。現在は創設者の精神を忠実に守り、MOFロイック・ブランダン(Loïc Blandin)氏がシェフ ショコラティエを務めています。

ドゥバイヨル丸の内オアゾ店でボンボンショコラとシトロネットを買いました。ドゥバイヨル専用の美しいバロタンに入れてもらえました。

ドゥバイヨル;バロタン

開いても美しい。写真を取りそこねましたが、個々の商品の説明が書かれたリーフレットも付いてきます。


ドゥバイヨル;バロタン

ご覧のとおり、一つ一つグラシンカップに入れてある上に、上下段の間にはペーパークッションを敷いて十分に保護されています。バロタンにこんなに丁寧にチョコレートを入れてくれるのは日本だけかもしれません。

ドゥバイヨル;ガナッシュとチョコレート菓子

さらに、量り売りのパンプルムースが個別包装してあります。他のチョコレートを粉砂糖で汚してしまわないようにする配慮です。こういった細やかな品質管理がブランドを支えているのだと思います (どこまでも本場風な別のパティスリーでひどい目にあったばかりなので余計に感激)。
新年から癒やされました。こういった素敵なブランドこそ長く長く続いてほしいので、今年もせっせと通いますよ。

マルト(MARTHE)です。商品説明によると「クリームをたっぷり使用したバニラガナッシュ入りビターチョコレート」です。

ドゥバイヨル;マルト

濃い。真黒に見える程に深く入ったロースト、まろやかな生クリームと華やかなバニラの広がりが見事です。甘すぎず心地よい苦味でココア感を楽しめます。ここ数年の Bean to Bar の潮流に揉まれて浅煎りのチョコレートを多く食べた口には、とてもオーソドックスに思える味だと思います。でも、このひと粒には、私がチョコレートをおいしいと感じる時の要素が詰まっています。最初に食べた時からずっと好き。口溶けもとても柔らかく、余韻はいつまでも優美です。
お値段は302円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:このひと粒には元気の素が詰まってる気がする

スノウドン(SNOWDON)です。商品説明によると「アイリッシュコーヒーのガナッシュをミルクチョコレートでコーティング」したものです。

ドゥバイヨル;スノウドン

清涼感のあるミルクチョコレートを口に含むと、中から甘さと苦味がウイスキーの香りと共に弾けます。溶け心地は実に滑らか。魅惑の味です。この鼻をくすぐる香りには誰だって魅了されるでしょ。コーヒー大好きな私にはまさに好みの味でした。
お値段は324円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:洋酒がしっかり効いています

オランジェット(ORANGETTE)です。商品説明によると「オレンジピールをビターチョコレートでコーティング」したものです。

ドゥバイヨル; オランジェット

冬になるとやけにオランジェットが食べたくなりません?
しっかりと苦味の感じられるビターチョコレートでオレンジピールをコーティングしてあります。オレンジピールはしっとりとして柔らかく、口の中でチョコレートとうまく調和します。余韻にオレンジピールの清涼感がいつまでも続きます。なんで一本しか買ってないのか自分を攻めたくなりました。
お値段は108円(量り売り)。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:明日にでも買いに行きます

シトロネット(CITRONETTE)です。商品説明によると「レモンピールをミルクチョコレートでコーティング」したものです。


ドゥバイヨル; シトロネット

一口食べてお口がキュっ引き締まりました。心まで溶けるようなまろやかで暖かみのあるミルクチョコレートの香り、それだけでも十分に魅了されるのに、さらにレモンの清涼感が広がります。まるで夢見心地。
お値段は86円(量り売り)。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:満足感高い

パンプルムース(PAMPLEMOUSSE)です。商品説明によると「グレープフルーツピールをミルクチョコレートでコーティング」したものです。

ドゥバイヨル; パンプルムース

なんて優しい味。上の二つと比べればピール感は控えめです。グレープフルーツのピールの苦味が控えめなせいで、パウダーシュガーの甘さとミルクチョコレートが組み合わさって、まるでキャラメルに包まれているかのように味に奥行きをもたらしています。一噛みごとに、グレープフルーツピールの香りと清涼感がチョコレートと絶妙に調和していくのが感じられます。これ楽しいな。
お値段は86円(量り売り)。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:鼻に抜ける香りもよい

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


ママノ;純アリバ70%

ママノ(MAMANO)は、東京の赤坂見附にブティックを構えるアリバ・カカオ豆だけを使ったチョコレート店です。

カカオ発祥の国エクアドルで、今でも大切に育てられているアリバカカオ。このカカオに偶然会っていなければ、僕は別の道を歩んでいました。
南米エクアドルの固有種であるアリバカカオは、カカオの原生種。他の国では栽培が不可能とされるため、たいへん希少なカカオでした。大自然の中、古来から伝わる自然農法で育てられた無農薬のアリバカカオに魅了され、僕はショコラティエになり、東京・赤坂の世界一小さな工房でチョコレートを作ることを決めました。
カカオの原種=“カカオのお母さん(MAMA)”であるアリバカカオ。そして、現地で我が子のようにカカオを育てる“お母さんの手”に由来した「MAMANO」。保存料や添加物を一切使わず、一つ一つ心を込めて手づくりで生産するママノのオリジナルチョコレート。アリバカカオだけがもつフルーティで華やかな香りを、是非お楽しみください。そしてまた、お店にも遊びにいらしてください。ママノのチョコレートで、あなたの笑顔が花咲きますように!
ママノ代表ショコラティエ 江澤孝太朗
MAMANOの目指す”チョコレートの世界”

赤坂見附のブティックで、純アリバ70%を買いました。透明のフィルムに密閉されています。

袋の中には、薄い正方形のチョコレートバーが入っています。商品説明によると「南米エクアドルの固有種である“アリバカカオ”は、他の国では栽培が困難とされているため、たいへん希少なカカオです。さらにママノでは、自然農法で育てられた無農薬のアリバカカオのみを使用し、赤坂の工房で1つ1つ丁寧にお作りしています。アリバカカオがもつ、フルーティーで華やかな香りをお楽しみください」とのこと。

マスカットを思わせる爽やかな酸味とジャスミンのような香り、苦味はごく控えめで明るいトーンの味です。程よい甘さと柔らかい口当たりに心が震えます。私はこれで、アリバ種がいかにおいしいかを知りました。今まで食べていたエクアドル産チョコレートは一体何だったのでしょう?

ワンシーズンにチョコレートバーだけで100種以上食べていますが、私が一番好んで食べているのはこのチョコレート。しかしいかんせん、この薄さと少なさ。このサイズのためにもう一押しできないのが残念です(※この春から大きなサイズのタブレットが発売されました)。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は120円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:大きさがほしい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:純アリバ70%
種類別名称:チョコレート
原材料:スイートダークチョコレート(エクアドル産カカオマス、砂糖、エクアドル産カカオバター)
内容量:1枚
製造者:MAMANO(株式会社コータロー)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

 

ネスレ;バナニーバーとヤホディバー

ソニープラザでネスレ(Nestle)のネスレ バナニー バー(Banány v čokoláde)とネスレ ヤホディ バー(Jahody Žele v Čokoládě)を買いました。

ネスレ バナニー バーのパッケージは、素材のバナナをイメージしやすいもので、バナナがチョコレートでコーティングされているイラストが描かれています。
ネスレ;バナニー バー

中には一本のチョコレート菓子が入っています。商品説明によると「中のバナナ味のフィリングは今までにない食感です。マシュマロのようにふんわりしつつも、ゼリーのような弾力もある。このフワフワ&ぷにぷに不思議食感」が楽しめるそうです。

袋から出すと既に柔らかな手応え。やや固めのマショマロにチョコレートをコーティングしたような食感です。バナナの香りに酸味が加わって甘酸っぱい、いや、甘い。喉に刺さる甘さです。一瞬、子供の頃に飲んだみかんジュース(決してオレンジジュースではない類)を思い出したのですが、そういうノスタルジックな味でした。

お値段は108円。
総合点:☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆
値段:☆☆☆
その他:極めて駄菓子味
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:バナニー バー
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、水あめ、カカオマス、ココアバター、植物油脂、バターオイル、濃縮バナナ果汁、卵白、安定剤(ペクチン:オレンジを含む)、クエン酸、クエン酸Na、乳化剤、香料、着色料(V.B2)
内容量:1本
原産国:チェコ
輸入者:ネスレ日本(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

ネスレ ヤホディ バー(Jahody Žele v Čokoládě)のパッケージは、中の商品と似たシルエットにイチゴのイラストが描かれています。
ネスレ;ネスレ ヤホディ バー

中には一本のチョコレート菓子が入っています。商品説明によると「マシュマロのようにふんわりしつつも、ゼリーのような弾力もある。このフワフワ&ぷにぷに不思議食感」が楽しめるそうです。
ネスレ;ネスレ ヤホディ バー
袋から出すと既に柔らかな手応え。やや固めのマショマロにチョコレートをコーティングしたような食感です。一部サクサクした食感があるのはチョコレートの粒子らしい。イチゴとチョコレートの香りにさらにバナナに似た苦い香りが混ざります。喉に刺さる甘さがあります。頬のあたりに収斂味を感じました。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は108円。
総合点:☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆
値段:☆☆☆
その他:極めて駄菓子味
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ヤホディ バー
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、水あめ、カカオマス、ココアバター、植物油脂、バターオイル、濃縮いちご果汁、卵白、安定剤(ペクチン:オレンジを含む)、クエン酸、香料、クエン酸Na、着色料(ニンジンジュース、紅花色素)、乳化剤
内容量:1本
原産国:チェコ
輸入者:ネスレ日本(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メーカー直販】ネスレ ヤホディ&バナニーセット
価格:1000円(税込、送料別) (2017/11/30時点)

はらドーナッツ;チョコ

はらドーナッツは神戸発の豆乳とおからを使ったドーナッツを扱っています。食品作りの基本である「美味しく、安心して食べていただける」というシンプルなコンセプトを掲げ、防腐剤や保存料は一切使用せず、子供の頃にお母さんが手作りしてくれたような、懐かしい素朴な味わいのドーナツを作っています。

亀戸のアトレではらドーナッツのチョコを買って紙袋に詰めてもらいました。ロゴ付の大きなシールがかわいい。

おからドーナッツの半面をチョコレートが覆っています。商品説明によると「ドーナッツとチョコが運命の出会いをしました。ビターなあいつとほんのり甘いあの子…最高」だそうです。

ドーナッツは柔らかく甘さが控えめでさっぱりとしています。たっぷりと塗られているチョコレートは苦めでとても甘い。ドーナッツ屋さんのチョコってどこもローストが深いなぁ。揚げたお菓子に合わせるには、これくらいパンチがないと負けちゃうのかしら。
お値段は130円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:甘さがほしい時にはコレ