タグ別アーカイブ: 1001~1500円

ナオミ・ミズノ;フィグ

ナオミ・ミズノ(Naomi Mizuno)は2007年のワールドチョコレートマスターズ優勝など、実力派として知られています。その水野直己氏がシェフパティシエを勤める洋菓子マウンテンは、2013年、2014年に大きな台風や豪雨で相次いで被災。その困難を乗り越えて、2016年7月に福知山市猪崎で念願の新店舗のオープンを果たされました。お客さまからの熱い声援は以前と変わらずということです。

フィグのパッケージは透明な瓶。蓋が赤い人工皮革で覆われていて、おしゃれです。
ナオミ・ミズノ;フィグ

中にはビターチョコレートでコーティングした粒チョコレートが入っています。商品説明によると「ブランデーで香りづけしたイチジクを、チョコレートで包み込」んだそうです。
ナオミ・ミズノ;フィグ
しっとりとやわらかくなったセミドライのイチジクをほんのり甘いミルクチョコレートでコーティングしてあります。ブランデーの香りは控えめです。イチジクの奥歯にチミチミと当たる歯応えが楽しくて、パクパク食べてしまいそう。危ない、危ない。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1,296円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:思ったよりも賞味期限が短いので注意
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:フィグ
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:いちじく、カカオマス、砂糖、ココアバター、ココアパウダー、洋酒、乳化剤(大豆由来)、(原材料の一部に乳を含む)
内容量:85g
製造者:水野直己(洋菓子マウンテン)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

一番館;ポーム・ダムール

神戸市元町に本店を置く一番館の人気商品ポーム・ダムールを頂きました。

ポーム・ダムール(PROHIBIT POMME D’A MOUR)は紙製のパッケージで側面は銅色、蓋の部分だけ焦げ茶色を基調にして青りんごが描かれています。

そして何より、手にしてはっきりとわかる重量感。

中にはキャンディ包みのチョコレートがぎっしり詰まっています。

包みを開くと、一口大のチョコレート。商品説明によると「フレッシュなリンゴを長時間蜜でボイルし、ほろにがいビターチョコでコーティング。チョコのビターな味わいとリンゴの甘酸っぱさがお口の中で広がります。甘いものが苦手な方にも味わって頂けるおいしさ」だそうです。

すっきりと良い香り。ミルクチョコレートに包まれているのは密炊きしたリンゴのコンポート。チョコレートと上手い具合に一体化した食感がお見事です。こういう素朴でおいしいチョコレートは久しぶり。長く愛されているのが納得です。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:神戸元町に行ったらお土産はこれに決定
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ポーム・ダムール
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:りんご、砂糖、カカオマス、ココアバター、全粉乳、植物油脂、脱脂粉乳、酸味料、乳化剤(大豆由来)、香料
内容量:270g
販売元:(株)一番館
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

 

ミニマル-ビーントゥバーチョコレート;フルーティ・シトリック

渋谷区富ヶ谷と銀座にブティックを構えるミニマル-ビーントゥバーチョコレート(Minimal -Bean to Bar Chocolate-)は、その名のとおりカカオ豆からチョコレートバーを作る専門店です。

世界中のカカオ農園に直接足を運び、品質の良いカカオ豆を選び仕入れ、自社工房でカカオ豆から板チョコレートができるまでの全工程(選別・焙煎・摩砕・調合・成形)を管理し、製造する“Bean to Bar Chocolate”専門店です。

近年の流行でビーントゥーバー自体はそれほど目新しいものではありませんが、こちらのブランドは最小限の材料で作っているところが一番の特徴。原材料は極めてシンプル。カカオ豆と砂糖だけ。まさにミニマルです。

銀座でフルーティ・シトリック(FRUITY CITRIC)を買いました。ミニマルらしくパッケージのデザインもシックです。ジップ付きの密封アルミパックなので開封後の管理が楽です。パッケージのオレンジ色の部分はカードになっていて切り込みに差し込んであります。表にはカカオ豆の履歴、裏には風味の説明が書いてあります。

商品説明によるとカカオ分71%で中挽(38μm)、中煎(35min 115-135℃)「青りんごのような爽やかな風味-青りんごのような爽やかな香りと柑橘のような爽やかな酸が特徴-」だそうです。

中には複雑な形をしたチョコレートバーが入っています。詳しくはリンク先で確認していただきたいのですが、モールド(チョコレートの型)も実によく考えられています。
板チョコレートデザイン

板チョコレートデザインは、当ブランドのオリジナルデザインです。一口で食べたり、舌触りの違いを楽しんだり、好きなサイズで割ったり、シェアしたり、といったチョコレートの新しい体験をご提案しています。
チョコレートの新しい楽しみ方・食べ方を提案したいという想いを込めデザインしました。

テイスティングのために、これくらい細やかにデザインされているチョコレートバーは初めてです。

やさしい酸味がおいしいチョコレートです。苦味は控えめ。これくらいやさしい味だと、パクパク食べてしまいそう。それくらい食べやすい味。粗引きなのでチョコレートバーの噛み応えは鈍くなります。粒子の大きさにばらつきがあり、当然口溶けに差ができるために食べ終わり、カカオニブが口の中に残ります。それがまた良いんですけどね。
お値段は1,296円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:軽ろやかな味
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:チョコレート(FRUITY/Tanzania)
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖
内容量:50g
製造者:(株)Bace
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

ミニマル-ビーントゥバーチョコレート;ナッティ・チョコラティ

渋谷区富ヶ谷と銀座にブティックを構えるミニマル-ビーントゥバーチョコレート(Minimal -Bean to Bar Chocolate-)は、その名のとおりカカオ豆からチョコレートバーを作る専門店です。

世界中のカカオ農園に直接足を運び、品質の良いカカオ豆を選び仕入れ、自社工房でカカオ豆から板チョコレートができるまでの全工程(選別・焙煎・摩砕・調合・成形)を管理し、製造する“Bean to Bar Chocolate”専門店です。

近年の流行でビーントゥーバー自体はそれほど目新しいものではありませんが、こちらのブランドは最小限の材料で作っているところが一番の特徴。原材料は極めてシンプル。カカオ豆と砂糖だけ。まさにミニマルです。

銀座でナッティ・チョコラティ(NUTTY CHOCOLATY)を買いました。ミニマルらしくパッケージのデザインもシックです。ジップ付きの密封アルミパックなので開封後の管理が楽です。パッケージの茶色の部分はカードになっていて切り込みに差し込んであります。表にはカカオ豆の履歴、裏には風味の説明が書いてあります。

商品説明によるとカカオ分70%で中挽(36μm)、深煎(45min 110-140℃)「飴がけアーモンドのような深みのある甘い風味-余韻にローストしたアーモンドの香りと柑橘系の爽やかで軽い甘みが特徴-」だそうです。

中には複雑な形をしたチョコレートバーが入っています。詳しくはリンク先で確認していただきたいのですが、モールド(チョコレートの型)も実によく考えられています。
板チョコレートデザイン

板チョコレートデザインは、当ブランドのオリジナルデザインです。一口で食べたり、舌触りの違いを楽しんだり、好きなサイズで割ったり、シェアしたり、といったチョコレートの新しい体験をご提案しています。
チョコレートの新しい楽しみ方・食べ方を提案したいという想いを込めデザインしました。

テイスティングのために、これくらい細やかにデザインされているチョコレートバーは初めてです。

香りが豊かです。アーモンドやバナナを連想する香り。苦味も上品ですっきりしています。粗引きなのでチョコレートバーの噛み応えは鈍くなります。粒子の大きさにばらつきがあり、当然口溶けに差ができるために食べ終わり、カカオニブが口の中に残ります。それがまた良いんですけどね。
お値段は1,296円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:チョコレートの楽しみ方がいっぱい詰まっています
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:チョコレート(NUTTY/C/Haiti)
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖
内容量:50g
製造者:(株)Bace
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オリジナルビーンズミニバーコレクションBeantoBarビーン・トゥ・バー
価格:1680円(税込、送料無料) (2016/12/20時点)