1501~3000円」タグアーカイブ

ドゥバイヨル;パルフェ ショコラ

ベルギーにアトリエを構えるドゥバイヨル(DEBAILLEUL)は、1983年にMOFの重鎮マルク・ドゥバイヨル氏によって創設されました。現在は創設者の精神を忠実に守り、MOFロイック・ブランダン(Loïc Blandin)氏がシェフ ショコラティエを務めています。

新年の一般参賀の後、ドゥバイヨル丸の内オアゾ店に行きました。丸の内オアゾ店はカフェが併設されていて、こちらだけで頂ける特別なデザートメニューが用意されています。

ショーケースに並んだ数々のケーキに心を乱しながら、パルフェ ショコラ(PARFAIT CHOCOLAT)を頂きました。

ドゥバイヨル;パルフェ ショコラ

パフェだからといって無理してアイテムを重ねてみたりすることはしていません。オーソドックスなアイテムを組み合わせてなおこれほどまでに華やかです。どこから撮っても、やっすいスマホのカメラでも美しいから凄い。

商品説明によると「グラス ショコラとソルベ ショコラ ノワールに、ココア クランブル、生クリーム、キャラメリゼしたヘーゼルナッツをトッピングしたショコラづくしのパフェ」だそうです。

ドゥバイヨル;パルフェ ショコラ

ベルギー直輸入のグラスショコラとソルベショコラノワールをダブルで楽しめる上、底にはたっぷりのココアクランブルが入っています。

大好きなドゥバイヨルでしかも大好きなチョコレートだらけのパフェです。おいしくないわけがない。満足しないわけがない。 
生クリームの優しさに触れながら二種類のソルベの食べ比べをして、カリカリのヘーゼルナッツの歯ごたえを楽しみつつ冷えた舌を休め、底の方にスプーンを伸ばして溶けたアイスと生クリームを吸ったクランブルをすくい取りましょう。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

片岡物産 辻利 抹茶ミルク やわらか風味 200g
価格:498円(税込、送料別) (2019/2/25時点)


チョコレートツリー;マダガスカル50%

チョコレートツリー(CHOCOLATE TREE)は、アレイスタ&フレデリーク夫妻によるスコットランド発のBean to Barブランドです。2009年よりエジンバラ市内に、チョコレートブティックをオープン。2012年より、カカオ豆からのチョコレート一貫製造を始めました。数年のうちにみるみるその名前は有名になり、インターナショナルチョコレートアワードや、スコットランドフード&ドリンクエクセレンスアワードな数々の賞も受賞しています。チョコレートツリーではカカオ農家を訪問し、生物多様性を守り、適切な報酬を農家に支払いカカオを取引し、チョコレートを作っています。また、様々なスコットランドの食材を活かしたチョコレートも作っています。私たちは、あなたにとって個性的で、とても良い心地になれる高品質なチョコレートを提供したいと考えています。

2018年のバレンタインデーシーズン、銀座松屋のGINZA バレンタイン アベニューでマダガスカル50%(MADAGASCAR AMBANJA 50%)を買いました。色とりどりのワオキツネザルが描かれたとても素敵なデザインの紙製封筒型パッケージです。明らかなジャケ買いです。

チョコレートツリー;マダガスカル50%
チョコレートツリー;マダガスカル50%

箱の中には密閉されたチョコレートバーが二枚入っています。小分けされているのがありがたい。
中身もかわいらしく、ブロックが段違いになったモールドには可憐なカカオの花が描かれています。商品説明によると「アケッソンのマダガスカルアバンジャにあるカカオ農園のカカオを使ったカカオ50%のハイカカオミルクチョコレート。甘すぎず、カカオのコクがあり、ミルクもさっぱりとしてい」るそうです。

チョコレートツリー;マダガスカル50%
チョコレートツリー;マダガスカル50%

かなり個性的な味のミルクチョコレートです。フローラルでマンゴーのような酸味と甘味。ハイカカオな分だけミルクチョコレートにしては味がくっきりしていて、塩味を錯覚するようなミネラルの雰囲気を感じます。口溶けには明らかな粒子感。普段ハイカカオばかり食べている私の口には、ミルクが入っている分とても食べやすく、もちろん美味しいからこそですが、バクバク口に運んでしまいました。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1,728円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:サクサクしています
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:マダガスカル50%
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖、脱脂粉乳、カカオバター
内容量:80g(40g×2枚)
一箱あたりのカロリー:499kcal
原産国:イギリス
輸入者:(株)トモエサヴール
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ


ボナ;ハイチ

ボナ(BONNAT)は、1884年創業の老舗ショコラトリー。1984年に「Bean to Bar」によるシングルオリジンチョコレートを発売。単一品種タブレットの先駆者として尊敬を集め、世界的なアワードでも高い評価を得ています。カカオの栽培、現地生産者とのコミュニケーションからチョコレートを創造する、いわば「ツリー トゥ バー」「ヒューマン トゥ バー」のブランドです。そのチョコレートは、産地別にワインの特級産地になぞらえた呼称を充て「グランクリュ・シリーズ」として、現在25種類を販売しています。

2018年のバレンタインーシーズン、銀座松屋のGINZA バレンタイン アベニューでハイチ(Haiti)を買いました。ビビッドなフューシャピンクのパッケージにはフランス、ヴォアロンのシンボルである聖ブルーノ教会が描かれています。

ボナ;ハイチ
ボナ;ハイチ

中身は小さなブロックで刻まれたビターチョコレートバーが入っています。中央にブランド名があります。商品説明によると「〈うれしい裏切り〉ハイチ産カカオ75%のビタータブレット。ハイチ産らしからぬクリアな風味。果実のようなスウィートなアロマが特徴」とのこと。

ボナ;ハイチ
ボナ;ハイチ

ハイチ産チョコレートはナッティでボディの重いものが主流です。そこで商品説明の「ハイチ産らしからぬ」が出てくるというわけ。ボナのハイチはナッツ感十分なまろやかさと、ベリーを思わせる甘さと酸味を備えた華やかな香りを伴い、ハイチ産によくある青い香りが少ないのが特徴です。珍しくも食べやすいハイチ産といったところ。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1,944円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:やさしめハイチ産
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ボナ ハイチ
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、ココアバター、砂糖
内容量:100g
一箱あたりのカロリー:603kcal
原産国:フランス
輸入者:(有)テオブロマ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ


ボナ;ピウラブランコ

ボナ(BONNAT)は、1884年創業の老舗ショコラトリー。1984年に「Bean to Bar」によるシングルオリジンチョコレートを発売。単一品種タブレットの先駆者として尊敬を集め、世界的なアワードでも高い評価を得ています。カカオの栽培、現地生産者とのコミュニケーションからチョコレートを創造する、いわば「ツリー トゥ バー」「ヒューマン トゥ バー」のブランドです。そのチョコレートは、産地別にワインの特級産地になぞらえた呼称を充て「グランクリュ・シリーズ」として、現在25種類を販売しています。

2018年のバレンタインーシーズン、銀座松屋のGINZA バレンタイン アベニューでピウラブランコ(Piura Blanco)を買いました。灰色のパッケージにはフランス、ヴォアロンのシンボルである聖ブルーノ教会が描かれています。クラシックな雰囲気が漂います。

ボナ;ピウラブランコ
ボナ;ピウラブランコ

中身は小さなブロックで刻まれたビターチョコレートバーが入っています。中央にブランド名があります。ペルー北岸のピウラ県にある高地で採れるカカオを使っています。ブランコとは白のこと。多くのカカオはポリフェノールを含んでいるために実の断面が紫色をしていますが、この品種は全てではありませんが、ポリフェノールを含まない白い実が成ることで知られています。

ボナ;ピウラブランコ

ボナ特有の脂分の多い口当たりです。ナッツのようなまろやかさと共にフローラルな香りが優美に漂います。若いバナナやタンニンの渋み、そしてフルーティーな酸味も感じられます。酸味は穏やかでありつつ、ペルー産カカオの魅力である奥行きのある力強さを堪能できます。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は1,944円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:フローラルな香りが存分に楽しめます
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ボナ ピウラブランコ
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、ココアバター、砂糖
内容量:100g
一箱あたりのカロリー:603kcal
原産国:フランス
輸入者:(有)テオブロマ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ