151~400円」タグアーカイブ

グーリンビーントゥバーチョコレート;ボンボンショコラ4種

グリーン ビーン トゥ バー チョコレート(green bean to bar CHOCOLATE)の日本橋店で、ショーケースを覗いたら「あんこ」の文字が目に飛び込んできました。今年の春に出会った和菓子屋さんの作ったチョコレートが大変面白かったので、逆に本格的なビーントゥバーブランドが和菓子素材をどう使うのか、興味が湧きました。

自宅用のボンボンショコラはフィルム袋に入れただけの簡易包装です。

左上から時計回りに、ナティーボ、あんこ、ミント、桜です。お値段は共通して378円です。どれも平たい形で重さにして7~8グラム程度

粉が飛び散り、デコレーションも崩れ、形も潰れています。ショップから家に持ち帰るまで、他の荷物とぶつかったのでしょう。自分の取扱いの悪さを嘆くと同時に、型抜きの丈夫なボンボンショコラならともかく、エンローバーを使った繊細なコーティングの商品をフィルム袋だけで販売するのはいかがなもんだろうと思いました。コスト的にグラシンカップを使えないのなら、プチプチの梱包材を巻くくらいの配慮がほしい。次に行く時は、もう少し丈夫に包んでと言うつもり。写真を撮る意気込みに支障が出ますから。

ナティーボ(NATIVO)は二本のラインが刻まれたボンボンショコラ。商品説明によると「ペルー産カカオ豆『ナティーボブランコ』のチョコレートを使用。フルーティーでコクのあるプレーンガナッシュ」とのこと。

ワインのような温かみのあるアロマに生クリームの優美な香りが溶け合います。すっきりとした苦味が奥行きをもたらし、余韻には干しぶどうのようなフルーティーな香り。タブレットで食べた時のナティーボブランコに特徴的だった黒糖のような香りは抑えられ、より親しみやすい味になりました。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:シンプルな材料でこの豊かな香り

あんこ(ANKO)は白線が入ったボンボンショコラ。商品説明によると「コスタリカ産カカオ豆を使用。こしあんの優しい甘さのガナッシュ」とのこと。

コスタリカ産カカオを使ったガナッシュは、甘くジューシーで、コーヒーゼリーを連想してしまいました。余韻に確かにあんこの雰囲気。香りが穏やかなので、少しでも気が逸れると香りを逃します。ご注意を。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:冷やしすぎ注意

桜(SAKURA)はピンクの点がついたボンボンショコラ。商品説明によると「ベトナム産カカオ豆を使用。ベネズエラ産のトンカビーンズで香り付けした優しい甘みのガナッシュ」とのこと。運搬時にデコレーションが取れました。

桜のネーミングで杏仁(アーモンド)を使ったのかなと思って買いましたが、トンカ豆でした。桜餅の香りといえばわかりやすいクマリンという芳香成分が、トンカ豆にも杏仁にも共通して含まれています。
ベトナム産カカオで作られたガナッシュは穏やかな風味をもたらし、フローラルなトンカ豆の清涼感が余韻に広がります。苦味が穏やかでほんのり甘く、やさしい味に仕上がっています。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:穏やかな春です

ミント(MINT)は緑の丸が描かれたボンボンショコラ。商品説明によると「マダガスカル産カカオ豆を使用。ミント顔香るすっきりとしたガナッシュ」とのこと。

フルーティーな酸味のあるガナッシュにミントの爽やかな香りが加わって、切れのある仕上がりです。さすがにミントの香りは強かった。念の為と思いながら一番最後にしたのは正解。このブランドらしく、他と比べたら随分と控えめなミント使いですが、それが私には丁度よい。余韻も調和がとれています。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:穏やかなミント使いです

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

ドゥバイヨル;ボンボンショコラ4種

ベルギーにアトリエを構えるドゥバイヨル(DEBAILLEUL)は、1983年にM.O.Fの重鎮マルク・ドゥバイヨル氏によって創設されました。現在は創設者の精神を忠実に守り、ロイック・ブランダン(Loïc Blandin)氏がシェフ ショコラティエを務めています。

皇居の大嘗宮一般参観に行った後、大手門を出たら足が勝手に丸の内オアゾに向かって、ドゥバイヨルに着きました。不思議ですね。

席につき、店員さんに渡されたメニューが既に可愛らしくて、ページをめくるまでに時間がかかるという。良いんですけどね。カフェに入る前からクリスマス限定メニューのパフェを頂こうと決めていたから。

見てください、表紙が素敵でしょう。
ベルギーのグランプラス店を中心に、翼を生やしたボンボンショコラが飛びまわり、雲にぶら下がったポットやシュガーポット、ワッフル坊や、ブリュッセル名物の小便小僧等々が華やかなティータイムを演出してくれています。

フランドル絵画の伝統を踏まえたエングレービング風のイラストです。ひとつひとつのモチーフがとてもよく考え抜かれて、ジョン・テニテルの描いた『不思議の国のアリス』の挿絵に通じる愛嬌があるところも気に入っています。メニューを観ているだけですっかり気分良くなってしまいました。

コースターも素敵でしょう。使わず、持って帰りたくなりますよね。

クリスマス期間限定のパフェ ドゥ ノエル(Parfait de Noël)です。

商品説明によると「ソルベ フランボワーズにピスタチオクリームを合わせ、軽やかな食感のショコラクランブルとキャラメリゼしたヘーゼルナッツをトッピング。マカロンも楽しめる、クリスマス限定の贅沢なパフェ」とのこと。

あまりによい気分になったので、ボンボンショコラ等ちょこちょこ買い込んでしまいました。

ほら、バッグまで可愛い!

ボンボンショコラは、クリスマスシーズン限定の赤と緑のカラーリングが素敵なバロタンに入れて貰った上、リボンまで飾ってもらえました。

またまたこのバロタン・ボックスのイラストも繊細で愛らしいのです。
靴下じゃなくハイヒールに入ったプレゼントボックス。ボンボンショコラのついたヤドリギ。フルーツやナッツ、ボンボンショコラで出来たクリスマスツリー。柔らかいカーブを描くフォントで出来た DEBAILLEUL のロゴがリボンに見えてきます。

ボンボンショコラはグラシンカップに入れられた上に、ペーパークッションで保持さているので、多少の揺れにも安心です。商品の取り扱いにも最後まで心が込められています。

ドゥバイヨルに関しては毎度のことながら、徹底したブランディングに頭が下がるのでした。
ここまでできるブランド、他にはありませんよ。

クリスマス限定販売。スペキュロス オランジュ ノワールです。ボンボンショコラがついたヤドリギのイラストがプリントされています。

ドゥバイヨルでは、このシーズンになると必ずスペキュロスを使ったボンボンショコラが登場します。いわば隠れた定番で、私のお気に入りのひとつでもあります。
ボンボンショコラのセンターはシナモンやカルダモン、クローブ等が効いたプラリネ。苦味を伴ったオレンジの風味はコアントローかもしれません。その回りを深いローストの甘いダークチョコレートで薄くコーティングしてあります。力強いスパイスたっぷりのチョコレートが体を温めてくれそうです。
お値段は324円
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:この苦味が癖になる

ラ レーヌ(LA REINE)はハート型のチョコレート。商品説明によると「なめらかなヘーゼルナッツのプラリネ入り」とのこと。

型抜きボンボンショコラなので、コーティングの甘いミルクチョコレートはやや厚め。センターはなめらかな口溶けが魅力のプラリネです。軽く噛むとまろやかなミルクチョコレートの甘い香りが広がり、その後にプラリネの軽い苦味を伴ったナッツの香り、それらが混ざって長く余韻を作ります。
お値段は302円
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:一粒の満足感がすごい

フェリシテ(FÉLICITE)商品説明によると「たっぷりのハチミツを使用したガナッシュ入りミルクチョコレート」とのこと。

センターはフローラルなハチミツの香るミルクがたっぷりはいったチョコレート。ハチミツの甘く奥行ある香りがたまりません。ミルクチョコレートの清涼感と合わさって、すっかり夢見心地です。幸せという名前なだけあります。余韻もおいしくて、いつまでも鼻をピクピクさせてしまいました。
お値段は324円
総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:山のハチミツ使用

クリスマス限定販売。サンショウ ノワールです。カップにスプーンでお砂糖を振りかけているのは、なんと、手の形をしたフォーク。人の存在を匂わせつつ華やかなパーティを表現しているところが、うまいなと。

センターは山椒が香るプラリネ。一口食べて軽く噛んだら、山椒の柑橘に似た鮮やかな香りがパッと開いて、思わず驚きの声が漏れるほど。甘さは控えめ。ビターチョコレートで厚めにコーティングしてあります。ドゥバイヨルらしい深いローストでシックな印象のある味だから、このインパクトあるプラリネをしっかりと包み込んでいます。余韻はともかく、舌に痺れが残りました。
お値段は324円
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆☆
その他:渋くまとめたなあ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

総合点:☆☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:すっかりクリスマス気分です


ワインリッヒ;ラムチョコレート

ワインリッヒ(Weinrich)は1895年の設立で、100年以上の歴史を誇るドイツ、ヘルフォードのチョコレートメーカーです。厳選された素材と最新の設備から生まれる品質の高さやバラエティー豊かな味わい、パッケージのセンスの良さで、世界40カ国の人々に愛されています。

東京ミッドタウンに入っているスーパー、プレッセでラムチョコレート(Truffle chocolate Milk chocolate with Rum – truffle filling)を買いました。パッケージは包み紙にラム酒とチョコレートのイラストが書かれたもの。1895とブランドの創立年が目立っています。

ワインリッヒ;ラムチョコレート
ワインリッヒ;ラムチョコレート

内装はしっとりとした肌触りの銀紙です。柔らかくて包みやすそう。開けると3×5のブロックのチョコレートバーが現れました。商品説明によると「南国の香り、ラム酒入りフィリング。本物のラム酒の香りが華やぐフィリングを。マイルドで洗練された大人のミルクチョコレート」とのこと。

ワインリッヒ;ラムチョコレート
ワインリッヒ;ラムチョコレート

食べる前からフローラルな香りが漂います。センターのラム酒のガナッシュはブロックできちんと分かれているので、タブレットを割っても流れ出ることはありません。チョコレート自体にココナッツのような香り。それに華やかなラム酒の香りが加わります。甘みも十分だし、ミルクのまろやかさもあって次々に手を伸ばせる食べやすさが魅力でしょう。お酒のお供にもよさそうです。ココナッツに似た香りがとても長く続きます。いつまでも鼻から抜けなくて困ったほどです。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

お値段は322円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:ココナッツのような香りが目立ちます
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ワインリッヒ ラム チョコレート
種類別名称:チョコレート
原材料:(チョコレート)砂糖、カカオバター、脱脂粉乳、カカオマス、バターオイル、ホエイパウダー、ヘーゼルナッツペースト(フィリング)砂糖、ミルクチョコレート(砂糖、カカオマス、全粉乳、カカオバター、ホエイパウダー)、ラム(アルコール度60%)、ココアパウダー、バターオイル、グルコースシロップ、乳化剤(大豆由来)、香料、スクラーゼ
内容量:100g
原産国名:ドイツ
輸入者:キタノ商事(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ


リンツ;リンドール4種

リンツ(Lindt)のチョコレートの歴史は1879年にスイスの菓子職人ロドルフ・リンツ(Rodolphe Lindt)がコンチングという工程を発明し、世界で初めて口溶けのよいチョコレートを生み出したことに始まります。

リンツ ショコラ カフェ 銀座店(残念なことに、今月閉店します)では「ピック&ミックス」といって、色とりどりのリンドールが山積みにされたコーナーで好みのチョコレートを自分で選ぶことができます。こちらで、リンドールを4種類買いました。小売りでもロゴ入りの袋に入れてもらえます。

リンツ;リンドール4種

リンドールは量り売りで100g当たり781円です。1個120円程度と見積もって買い物すれば良いということですね。

購入したのは以下の4種類。左上から時計回りにリンドール ファッジ スワール、リンドール スプリング、リンドール ダーク、リンドール オレンジです。

リンツ;リンドール4種
リンツ;リンドール4種

シャンパンゴールドの包み紙はリンドール ファッジ スワール(Lindor Fudge Swirl)です。商品説明によると「ミルクチョコレートのシェルに、ホワイトチョコレートとダークチョコレートのダブルフィリングが生み出すファッジのようなミルキー感」とのこと。

リンツ;リンドール ファッジ スワール
リンツ;リンドール ファッジ スワール

包み紙を開いた瞬間に香るどこか懐かしい香り。リンツチョコレート特有の甘く優美な香りが広がります。センターはリキッド状のクリーム。なんと、ホワイトチョコレートとダークチョコレートの二種類のクリームが入っています。シェルのミルクチョコレートとリキッドクリームが混ざり合って、柔らかな口溶け、甘い香り、そして、どこまでもまろやかな味わいを堪能できます。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:甘い世界に溺れましょう

白と緑の包み紙は、リンドール スプリング(Lindor Spring)です。商品説明によると「ミルクチョコレートのシェルにホワイトチョコレートのフィリング、ホワイトデーからイースターにかけて期間限定で登場するリンドール」とのこと。

リンツ;リンドール スプリング
リンツ;リンドール スプリング

センターはミルクの香りが詰まったホワイトチョコレートのフィリング。リキッド状でとろとろです。あまりにまろやかなフィリングなので、シェルのミルクチョコレートの風味が引き立って、キャラメル香がよく味わえます。春爛漫の包み紙同様、ほっとする味でした。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:ダージリンと頂きたい

青の包み紙はリンドール ダーク(Lindor Dark)です。商品説明によると「60%カカオに比べてほどよくビターで、まろやかなカカオ感。ほろ苦さと甘さが絶妙なバランスの食べやすいダークチョコレート」とのこと。

リンツ;リンドール ダーク
リンツ;リンドール ダーク

ダークとはいいつつも、まろやかな味わいが特徴なリンツの中でのダーク。実情はカカオ分強めのミルクチョコレートで、濃い味わいの分だけ余計に甘さを感じました。フィリングに入っている塩がミネラル感を放って、すばらしく味にアクセントをもたらしています。なめらかな口溶けと、口いっぱいに広がるチョコレートの香りを楽しみましょう。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:甘いチョコレートに身を委ねましょう

オレンジ色の包み紙はリンドール オレンジ(Lindor Orange)です。商品説明によると「包みを開くとふわっとさわやかなオレンジの香りが広がる。まろやかなミルクチョコレートと、オレンジピールのビター感の余韻が好相性」とのこと。

リンツ;リンドール オレンジ
リンツ;リンドール オレンジ

センターはオレンジピールの香るミルクチョコレートのリキッドクリームです。シェルに使われているミルクチョコレートとの一体感があって、私には食べやすい味でした。爽やかなオレンジの香りが、リンツのフローラルな香りのするミルクチョコレートによく合っています。なめらかな口当たりで、余韻も長く続きます。先に食べたリンドールがホワイトチョコレート率高めのばかりだったので、余計濃厚に感じたかも。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆
その他:オレンジの苦味がやみつきになりそう

この価格帯でチョコレートならではの高揚感が得られ、しかも、確かなものを味わえるのだから、リンツってお得だなあ。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ