601~1000円」タグアーカイブ

根元八幡屋礒五郎;紫蘇&ベトナム産カカオ

長野善光寺門前に店を構える七味唐辛子メーカー根元八幡屋礒五郎が手がける菓子ブランドが、コンゲン・スイーツ(Kongen Sweets)です。七味唐辛子の伝統的製法を活用してビーントゥバーのチョコレートを作っています。

クラフトチョコレートマーケットで、紫蘇&ベトナム産カカオを買いました。紫色の封筒型パッケージです。
根元八幡屋礒五郎;紫蘇&ベトナム産カカオ

密閉されたアルミパックの中に小ぶりなビターチョコレートが入っています。小さなブロックがありブランドロゴが入ったおしゃれなデザインのモールドです。商品説明によると「清々しい赤紫蘇の香りとベリー系フルーツのような酸味のあるベトナム産カカオで豊潤な味わい」だそうです。
根元八幡屋礒五郎;紫蘇&ベトナム産カカオ
ブロックが小さく、テイスティングにちょうどよいサイズに割れて便利です。パキッと乾いた音を立てて割れます。紫蘇のフローラルな赤い香りとベトナム産カカオの口腔内を刺激する強い酸味が実に特徴的。これだけ酸っぱいと、紫蘇を合わせたくなる気持ちもわかる。鮮明な味に潔さを感じます。口当たりに明らかなザラつきがあり、サクサクとした歯応え。フローラルな後味がおいしいチョコレートです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は648円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:後味がおいしい
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:紫蘇&ベトナム産カカオ
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖、ココアバター、紫蘇
内容量:1枚
販売元:(有)八幡屋礒五郎
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

ヴィアザビオ;カカオニブ・ハート・オレンジ

バレンタインシーズンに渋谷ヒカリエで開催されていたショコラZAKKAフェスティバルの「森へのチケットチョコレート展」に出店していたヴィアザビオ(VIA THE BIO)で、カカオニブ・ハート・オレンジを買いました。小さな四角いクリアケースに入っています。
ヴィアザビオ;カカオニブ・ハート・オレンジ

中にはカカオニブがトッピングされたハート型のチーズが入っています。商品説明によると「フランス、ブルゴーニュ産白カビチーズBioをベースに、エクアドル産カカオニブ、オレンジピール、有機ホワイトペッパー、有機シナモンのマリアージュ」だそうです。
ヴィアザビオ;カカオニブ・ハート・オレンジ
白カビチーズはクリーミーで塩分の少ないもの。爽やかなオレンジの香りとスパイスのフローラルな香りが広がって、まるでデザート系のクリームチーズのような優雅な味わい。チーズの表面をたっぷり覆ったカカオニブがシャキシャキとした繊維質な歯応えをもたらし、口の中をサッパリとさせてくれます。

お値段は640円
その他:ほんのり甘い
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:カカオニブ・ハート・オレンジ
種類別名称:ナチュラルチーズ
原材料:生乳、食塩、カカオニブ、オレンジピール、有機スパイス
内容量:90g
原産国:イタリア
輸入者:(株)ヴィアザビオ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

亀屋良長;焼きカカオ

亀屋良長は、京菓子の名門「亀屋良安」から暖簾分けするかたちで享和3年(1803)創業。以来、四条醒ヶ井で営業を続け、当代が八代目です。

焼きカカオは、亀屋良長とDari Kとのコラボレート商品です。パッケージは茶色と薄黄色を基本色にしたカカオ豆の模様が入ったジップ袋です。
亀屋良長;焼きカカオ

さらに、内容物は透明なフィルムで密閉されています。
亀屋良長;焼きカカオ

密閉袋の中には、粉糖をまぶされたボウロが10個入っています。商品説明によると「焙煎後のカカオ豆を丸ごと黒糖餡入のぼうろ生地にたっぷりと混ぜ込み焼き上げました。仕上げに、徳島県産の和三盆糖をまぶしています。口の中ではじけるカカオ豆の爽やかでフルーティな香りと、パリパリとしたカカオ皮の食感。濃厚な味と香りながら、後味は軽やか。フレッシュなカカオ豆本来の味」だそうです。
亀屋良長;焼きカカオ
荒く砕いたカカオ豆の苦味を、表面の粉糖と練り込まれた餡こが和らげてくれます。噛む毎にカカオニブのフルーティーな香りと硬質な苦味が広がるのがおいしくて、手が止まりません。ザクザクとした歯応えも楽しい。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

お値段は702円。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:よいオヤツです
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:焼きカカオ
種類別名称:焼菓子
原材料:小麦粉、砂糖、バター、カカオ豆、卵、和三盆糖、カカオパウダー、黒糖、小豆、還元水飴、塩/膨張剤、トレハロース(一部に、小麦、卵、乳成分を含む)
内容量:10個入
一箱あたりのカロリー:461kcal
製造者:亀屋良長(株)
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

蕪木;蕪子

蕪木は、浅草線蔵前駅から徒歩8分の場所にある喫茶店です。

小さいお店なので、いつも満席で入り損ねていましたが、今回うまく席にありつけました。

こちらの喫茶店は、「チョコレートの手引き」の作者、蕪木祐介氏のお店です。


そもそもこちらは、お菓子博士の河田先生から教えてもらったのですが、定休日と営業時間が私のスケジュールとなかなか合わない上に、行っても席がなくて断念したりとかで、すっかり行きそびれていました。腰が重い、私がいけないんですけどね。

ブレンド珈琲のかもしかと無垢チョコレートのかもがやです。左にあるのはメニューです。

コーヒーは深煎りで苦味の強いタイプでした。それに合うものをとお勧めして頂いたのが、かもがやです。
非常にナッティな印象。ナッツの渋皮までもを含む苦味とブドウのような酸味にキャラメル香がまじるような。ハイチ産かなと思いました。コーヒーと合わせことで、酸味も強く印象に残っています。

おいしかったので、チョコレートを買って帰りました。
蕪子(ナデシコ)です。外箱は青鼠色で和紙の質感を模した縦書きのラベルがついています。シックで大変好みです。

中にはシンプルなモールドのチョコレートバーが入っています。商品説明によると「華やかで上品な味わい。柑橘を思わせる優しい果実感。蜂蜜のような豊かな香りとまろやかさ。カカオ分70% ニカラグア産カカオ使用」とのこと。

薄目で、パキッとよい音がします。柑橘のような酸味と新鮮なタバコの葉を思い出させるクリアな苦味の組み合わせが、実にユニーク。甘酸っぱさが心に残ります。滑らかな口溶けで、余韻も大変長く続きます。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

去年行った時の記事をアップします。この時点でも開店すぐは混み合っていました。というのも、店内は10人程しか入れないので、すぐいっぱいになってしまうのです。蔵前にはたまに足を向けるので、気が向いた時に、ふらっと行って、入り口のドアのさりげない表示に満席となかったら入るくらいにしています。

撫子のお値段は当時950円。現在1,300円になりました。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:苦味と甘酸さが半分ずつ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:撫子
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、砂糖、レシチン(大豆由来)
内容量:45g
製造:蕪木
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ