タグ別アーカイブ: 601~1000円

ブボ バルセロナ;シャビーナ

スペインのブボ バルセロナ(bubó BARCELONA)は、バルセロナのエルボルン地区に2005年に誕生するやいなや、繊細な味わいと美味しい仕上がり、個性溢れるパッケージでスペインを代表するパティスリーになりました。昨年、日本のサロン・デュ・ショコラにも登場し、大人気となったのは記憶に新しいところです。そして、今年2017年、表参道にブティックがオープンしました。

ブボバルセロナの看板メニュー、シャビーナ(Xabina)です。こちらは、パティシエの世界大会として知られるクープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー(Coupe du Monde de la Pâtisserie)、2005年のリヨン大会で世界一のチョコレートケーキ(Best Chocolate Cake)を受賞しました。
ブボ バルセロナ;シャビーナ
チョコレートのグラサージュがつややかに輝いています。一匙すくって口に運ぶと、チョコレートムースとバニラシロップを吸ってしっとりとなったスポンジケーキがなめらかに広がり、華やかな香りを放ちます。チョコレートがやけに濃厚なのですが、不思議とすっきりとした味わい。というのも、その下の層にはナッツやフィアンティーヌがあって、さらに、スパイスの清涼感が感じられるオリーブオイルを使ったケーキが仕込まれているという、なんとも手の込んだ構造だから。ケーキの天面には小さなマカロンとチョコレートプレートが飾られています。マカロンはサクサクとして口当たりが軽く、口休めに食べても、ケーキのなめらかな舌触りの印象をそのまま残します。
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

ル・グルニエ・ア・パン;ショコラ・バゲット・オ・ブリー

ル・グルニエ・ア・パンのブースは朝イチはそうでもありませんが、ランチタイムが近づくと急激に混雑してきます。

ショコラ・バゲット・オ・ブリーです。お値段は648円。
ル・グルニエ・ア・パン;ショコラ・バゲット・オ・ブリー
見てわかるとおり、こげ茶色の生地にはチョコレートパウダーが含まれており、さらにチョコレートチップも練りこんであるバゲットです。小麦粉の焼かれたやさしい甘味にほんのりとチョコレートの香りが漂います。それにブリド・モー、チョコチップ、ピンクペッパーが挟まれています。
一口食べると、塩気の効いたチーズとチョコチップの濃厚な甘さ、ピンクペッパーの華やかな刺激が鼻をくすぐります。バゲットの表面はパリッとしていますが全体的にはやわらかめ(もっとも私は前歯が欠けそうなくらい固いバゲットが好きなので、その辺は加味してください)。奥歯でかみ締めるごとに旨みがひろがります。

こちらではお酒、コーヒー、お水の販売もあります。ジャンボン・フロマージュ好きの私としては、ショコラ・バゲット・オ・ブリーの横にあったイベリコ豚のバケットがとてもおいしそうだったのですが、一日じゃとても食べきれない量を買ってしまっていたので断念しました。

サロン・デュ・ショコラでイートイン ジャン=ポール・エヴァン

サロン・デュ・ショコラでは、ボンボンショコラ等の商品購入の他に、会場で食べられるデザートがたくさんあります。お買い物で消耗した分をこちらでエネルギー補給するのもサロン・デュ・ショコラの楽しみです。

ジャン=ポール・エヴァンのプロフィットロールオショコラは一日限定250品。これは朝イチで並ばないと、たどり着けないかもしれません。容器いっぱいのプロフィットロールが次々となくなっていきます。
ジャン=ポール・エヴァン
生クリームのはタヒチ産バニラ、チョコレートはブラジル産グランクリュカカオを使っています。お値段は864円です。
ジャン=ポール・エヴァン

アーモンドをトッピングした三つのプチシューの下には、チョコレートソースとふわふわのクリームが入っています。
ジャン=ポール・エヴァン
鉄壁のジャン=ポール・エヴァンのチョコレートがおいしいことは、この期にあえていう必要のないことですが、このチョコレートソースのフルーティーな酸味に、形を保っているのが信じられないくらい柔らかくて軽い口溶けのクリームが溶け合うのが最高。この食べている時間が、もっと長く続けば良いのにと思わずにはいられません。

こちはクッサン ダムール。愛のクッションという意味だそうです。ジャン=ポール・エヴァンのショコラクレープにクリスティーヌ・フェルベール監修のコンフィチュール(ジャム)とタヒチ産バニラのクリームを包んであるという、実に贅沢なクレープ。一日限定400個で、お値段は864円です。
ジャン=ポール・エヴァン

きれいに切れずにつぶしてしまいましたが、オレンジ&パッションフルーツの断面です。
ジャン=ポール・エヴァン
オレンジとパッションフルーツのおいしいところだけを濃縮したコンフィチュールの甘酸っぱさ、チョコレートの奥行きのある濃厚な味、そしてバニラの甘い香りたっぷりの生クリームが口の中で一体となり極上の味わいが体験できます。カタログに三位一体と書いてありましたが、まさに神とキリストと精霊の愛に包まれて天に昇るような幸福感です。死にはしませんが、気が遠くなりました。

ジョン・カナヤ;レコルテドゥショコラ ドライトマトバジル

ジョンカナヤ(JOHN KANAYA)は東京のレストラン、ジョン金谷麻布のショコラトリーです。シェフショコラティエは野口和男氏です。

レストランの創設者は、日本最古のリゾートホテル、日光金谷ホテル創業者の孫で、鬼怒川温泉ホテルの創設者の長男でもある金谷鮮治氏。鬼怒川温泉地域の観光近代化や、高度成長期の観光事業の要職に就いて日本を代表するホテルマンとして業界に名声を博した人物で、良き昭和の日本を代表した粋人としても知られています。白いリンカーンコンチネンタルで銀座や六本木に乗りつけ、葉巻とワインをこよなく愛しました。ジョンは金谷鮮治氏のクリスチャンネームです。

銀座三越のGINZA Sweets Collection に出展していたので、レコルテドゥショコラ ドライトマトバジル(Récolte du Chocolat Tomate Séchée au basilic)を買いました。白い紙製のパッケージで商品の写真がついた、すっきりとしたデザインです。
ジョン・カナヤ;レコルテドゥショコラ ドライトマトバジル
レコルテはフランス語で収穫物を意味します。

中には銀色の袋で完全密閉された、ドライトマトのチョコレートがけがはいっています。商品説明によると「コクと旨みが凝縮されたセミドライのトマトに、心地よいバジルの風味をプラスしたノアールチョコレートをディップし」ているそうです。
ジョン・カナヤ;レコルテドゥショコラ ドライトマトバジル
唐辛子にも似たツンと刺激的な香り。ドライトマトのフルーティーな旨みとチョコレートの苦味と甘味、そしてバジルの清涼感がバランスよく響きあいます。この複雑な旨みの組み合わせは、お酒のおつまみとして最高のはず。普段、チョコレートをあまり好んで食べない人にこそ試してもらいたいお味です。
お値段は864円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆
苦味:☆
甘味:☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:大人味のチョコレート
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:レコルテドゥショコラ ドライトマトバジル
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:トマト、チョコレート(カカオマス、砂糖、ココアバター)、砂糖、バジル、酸味料(クエン酸)、酸化防止剤(亜硫酸塩)、香料、(原材料の一部に乳を含む)
内容量:50g
製造者:(株)JOHN KANAYA NCC
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ