601~1000円」タグアーカイブ

サタデイズチョコレート;ガーナ70

サタデイズチョコレート(Saturdays Chocolate)は札幌市にあるビーントゥバーチョコレートのブランドです。シングルオリジンの豆を使って豆の特製に合わせて自社の焙煎機でローストし、カカオ豆とキビ砂糖をコンチングするだけでカカオ70%の本物のチョコレートを作っています。

北海道土産に、札幌駅の札幌ステラプレイス内にできたにできたスタンド形式のカフェ、サタデイズスタンドでタブレットを5種買ってきてもらいました。左から、ピュアシリーズのガーナ 70、インドネシア 70、トリニダード トバゴ 70、ウガンダ 72、そして、イマジンシリーズのトーゴ 72です。クラフトペーパーの質感がどれも面白い。メーカーの物づくりへのこだわりが随所に感じられます。

サタデイズチョコレート

ピュア・シリーズは「産地の異なる豆を純粋に楽しめるよう、チョコレートを作るために必要最低限な『カカオ豆』『きび砂糖』のみで仕上げ」ています。「豆の特徴に合わせて温度や時間を変えて焙煎することで、カカオ豆本来のココアフレーバーや豆の甘み、フルーティーな風味、個性を味わえる濃厚な」シリーズだそうです。

ガーナ70(Ghana 70)のパッケージは、黒地に金属光沢のボーダーが斜めに入ったクラフトペーパー。

サタデイズチョコレート;ガーナ70
サタデイズチョコレート;ガーナ70

わかりづらいのですが、実物はアルミがキラキラと光っています。

サタデイズチョコレート;ガーナ70
サタデイズチョコレート;ガーナ70

中にはロゴ入りのモールドを使ったチョコレートバーが一枚。5×6ブロックになっている食べやすい形です。商品説明によると「サタデイズのベースビーン。フォラステロ種が主。十分な発酵によってカカオ感、ナッツ感強くパンチがある」とのこと。

サタデイズチョコレート;ガーナ70
サタデイズチョコレート;ガーナ70

ココナッツを思わせるフローラルでパウダリーな香りが漂うチョコレートです。ぎりぎりまで抑えられた甘みで、深いローストによる苦味が口の中で旨みに変わっていく力強さが好き。最も食べ慣れたカカオのフレーバーだからこそ、この苦味の中の旨み、つまりはカカオ感の美味しさを改めて感じずにはいられません。口溶けに僅かに粒子感。その分余韻が長くいつまでも続きます。
お値段は918円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆☆
甘味:☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆☆
その他:冬向きの味です
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ガーナ70
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオ豆、含蜜糖(鹿児島県産)
内容量:65g
製造者:(株)天然生活
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロイズ (ROYCE) 生チョコレート ガーナビター 20粒入
価格:777円(税込、送料別) (2019/4/5時点)


ブルックサイド;ダークチョコレートクランチークラスター(ベリーメイド)

カナダのブルックサイド(BROOKSIDE)は1954年、フルーツ、ベリー類の大産地でもあるフレーザーバレーに創立した、フルーツとナッツを使ったチョコレートのメーカーです。

プレッセプレミアム東京ミッドタウン店でダークチョコレートクランチークラスター ベリーメイド(DARK CHOCOLATE Crunchy Clusters Berry medley flavors)を買いました。

外装はスタンド型のジッパー袋。内容物のイラストがやけにおいしそうで手に取りました。

ブルックサイド;ダークチョコレートクランチークラスター(ベリーメイド)
ブルックサイド;ダークチョコレートクランチークラスター(ベリーメイド)

中には不定形で大小様々なチョコレートが入っています。

ブルックサイド;ダークチョコレートクランチークラスター(ベリーメイド)
ブルックサイド;ダークチョコレートクランチークラスター(ベリーメイド)

粒がいくつか固まった塊を口に入れます。まずはベリーの甘い酸っぱさが広がり、甘めのダークチョコレートがそれを包んで味に奥行きを与えます。甘い香りがたまりません。サクサクと軽いクリスピーの歯応えも軽妙です。これは手が止まらない。食べごたえも十分。口当たりがよくて一袋軽く食べてしまいそう。ジッパー袋の意味がありませんね。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

お値段は699円。
総合点:☆☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆☆☆
風味:☆☆☆☆
値段:☆☆☆
その他:食べやすいおいしさ
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:ブルックサイド ダークチョコレート クランチークラスター ベリーメドレー
種類別名称:チョコレート菓子
原材料:砂糖、カカオマス、植物油脂、ココアバター、クリスプライス(米、砂糖、大麦麦芽エキス、食塩、米ぬかエキス)、ココアパウダー、ホエイパウダー、グラノーラ(オーツ麦、高果糖コーンシロップ、植物油脂、はちみつ、小麦)、リンゴ濃縮果汁、ライスシロップ、クランベリ、とうもろこし粉、乳脂肪、小麦粉、コーンシロップ、フルーツ濃縮果汁(ザクロ、リンゴ、ラズベリー、ブルーベリー、レモン、クランベリー)、マルトデキストリン、デキストリン、食塩、全粉乳、はちみつ、濃縮アサイーピューレ、乳化剤(大豆由来)、香料、増粘剤(ペクチン)、pH調整剤、光沢剤、ビタミンC、膨張剤、酸化防止剤(ビタミンE)
内容量:141g
原産国:アメリカ合衆国
輸入者:(株)シーガルリンクス
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ブルックサイドチョコレートよりどり5個セット
価格:2916円(税込、送料別) (2019/5/16時点)


アマリエ;リーフチョコレート小缶「ビザンチン」

スペイン最古のチョコレートブランド、アマリエ(Chocolate Amatller)は、ガブリエレ・アマリエが1797年、バルセロナに作った小さな工房から始まりました。三代目のアントーニ・アマリエが当時のヨーロッパでは画期的だった近代的工場化に成功し「チョコレート王」と呼ばれるまでになりました。彼はこよなく芸術を愛したことから、アルフォンス・ミュシャを始めとするアーティストの育成に携わり、パッケージや広告にも力を注いで、チョコレートに添えて美しいデザインのカードを販売したそうです。

アマリエのリーフチョコレート小缶「ビザンチン」(CHOCOLATE AMATLLER HOJAS FINES DE CHOCOLATE 70% CACAO)を友チョコで頂きました。パッケージは、アルフォンス・ミュシャの《ビザンチン風の髪飾り》の一部が使われています。

アマリエ;リーフチョコレート小缶「ビザンチン」
アマリエ;リーフチョコレート小缶「ビザンチン」

ミュシャと言えば、2016年に国立新美術館で大規模な展覧会がありました。巨大なスラブ叙事詩を描いた作品群が来日したのは当時大変な話題になりましたし、壮大で巨大な抒情詩を見上げたのは、私にとってもよい思い出です。あんな凄い作品が母国を離れることはもう二度とないでしょうから、とてつもない幸運だったと思います。

国立新美術館開催ミュシャ展, 2016
国立新美術館開催ミュシャ展より《スラヴ賛歌》, 2016

中にはリーフ型のビターチョコレートが入っています。

アマリエ;リーフチョコレート小缶「ビザンチン」
アマリエ;リーフチョコレート小缶「ビザンチン」

リーフ型のチョコレートと言ってもいろんな形がありますが、こちらは何の木でしょう。ありそうでなさそうな形。ヤシャブシの葉とか?

アマリエ;リーフチョコレート小缶「ビザンチン」
アマリエ;リーフチョコレート小缶「ビザンチン」

一粒つまんで口に入れると甘いバニラの香りと乾いたチョコレートの香り。苦味は穏やかで酸味も少なめです。ほんのりとした甘さを残して、すっと溶けてゆきます。余韻にはバニラの清涼感が残ります。
総合点:☆☆☆
外観:☆☆☆☆
苦味:☆☆☆
甘味:☆☆
風味:☆☆☆
その他:ミュシャの缶
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ
製品名:リーフチョコレート小缶「ビザンチン」
種類別名称:チョコレート
原材料:カカオマス、砂糖、乳化剤(大豆由来)、香料
内容量:30g
原産国:スペイン
輸入者:(株)ヒロ・コーポレーション
ღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღღ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 スイーツブログ チョコレートへ

オーボンヴュータン:スフレグラッセショコラ

清々しく晴れた冬の朝、東京・世田谷区の尾山台駅から徒歩7分、環八沿いにあるオーボンヴュータン本店(Au Bon Vieux Temps KAWATA Pere Fils)に行きました。

オーボンヴュータン本店
オーボンヴュータン本店

いつか行かねばとは思いつつも日本橋髙島屋で済ませてしまっていました。ようやくです。閑静な住宅の多いこの辺り、我が家からは電車では乗り換えがあって自転車で行くのと所要時間はさほど変わらないという、半端に足を運びにくいエリアだったりします。

が、一度行ってみたらすっかり虜。
評判はもちろん知っていました、ここがすごいところだというのは。それが自分の想像以上だったという話なだけで。珍しいことに評判は全く誇張されたものではありませんでした。あまりに興奮しすぎて、店員さん全員に握手を求めそうな勢いでした。すっかり顔を覚えられたと思う(苦笑

きらびやかなシャンデリア。コンフィチュール、ボンボンショコラ、キャンディーやケーキが並ぶコーナーです。

オーボンヴュータン本店
オーボンヴュータン本店

オーボンヴュータンはお惣菜も大変充実しています。

オーボンヴュータン本店

チョコレートとは関係ないけれど、私、こちらのジャンボン・マスカルポーネが大好物です。店頭に並ぶとすぐに売り切れます。この日は精算してからカフェコーナで頂きました。

オーボンヴュータン;ジャンボン・マスカルポーネ

食後に、アイスケースからスフレ・グラッセ・ショコラ(Soufflé glacè aux Chocolat)を選んで追加しました。普段、こういうのをあまり求めないのですが、この日は若干気狂いしそうなことがありまして。

スフレの形をしたチョコレートのアイスクリームです。表面にチョコレートクッキーがトッピングされています。お持ち帰り用に冷凍庫でキンキンに冷やされていたので、サーブされてすぐはスプーンが入らないほどでした。こちらのデザートの中では大きめですが、中にスポンジがあるので甘すぎることはなく、さらにザクザクとした固い歯応えのクッキーがよい口休めになってさっぱりとしたまま食べ終えました。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

上述の気狂いの理由。
ツイッターをご覧の読者の皆様は既にご覧になられたかと思いますが、私の手違いでサーバーのデータをかなり失ってしまいました。公開していたものについてはある程度復旧ができそうだと目処がついたのですが、書き溜めていた記事がなくなったのが痛くて痛くて。

https://twitter.com/lovechoco_adm/status/1099484101386485763

ここは気合いを新たに入れねばと、オーボンヴュータンではこんなショコラ詰め合わせも買いました。復旧作業を続けながら、楽しく頂きたいと思います。

オーボンヴュータン;ショコラ詰め合わせ
人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ